最初からキャッシングで出来る限り大目に借りたいときには?

キャッシングの限度額というのは、基本的に徐々にしか限度額を上げることはできませんが、

最初の段階で出来る限り借入限度額を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

一番やりやすいのはやはり公務員などの職業についているという属性がいい面があるといいのですが、そうでない方は厳しいです。

次に考えられるのはやはり収入をあらかじめ高く保つことです。

副業であっても安定した収入があるとなれば、年間の収入に含めることは出来ますので返済力があると判断されますから

収入を何かで増やすというのが一番手っ取り早く最初の契約段階でも限度額を引き上げる方法となるでしょう。

ただ、一番最初の段階では、信用の有無がまだ輪赤らない部分も多いので、業者もそこまで多くは貸してくれないようなことが多いですから、

あまり多くは期待しないほうがいいです。

クレジットカードのキャッシング枠のメリット・デメリットとは?

クレジットカードなら1枚のカードにショッピング枠とキャッシング枠を設定出来るため、利用管理が行い易いのがメリットです。また、ローンカード契約自体も複数社にならないため、将来的な審査リスクも軽減出来ます。

ですが、クレジットカードでのキャッシングにはデメリットがあり、借入金額は1万円からといったケースが多く、数千円単位で現金が必要な時は無駄に借り入れしてしまうというデメリットがあります。しかしながら、返済額も銀行や大手消費者金融のカードローンに比べて高く設定されており、結果的に利息を抑えることも可能になっています。

金利が高め、借入・返済の最低金額が高いというデメリットだけが目立つものの、トータルバランスで考えれば早期返済が可能なキャッシングと言えます。

キャッシングと返済を行う期間

キャッシングの返済は、毎月4,000円や5,000円など、一定の金額を返済していく形が一般的になっています。この中には元金だけでなく、利息も含まれています。この方法は、毎月の出費が一定になるため返済しやすいと人気ですが、完済までの期間が長くなる可能性があります。

完済までの期間は借入金などによって変わりますが、少額融資でも毎月の返済額が少なければ2年半から5年程度かかることが多くなります。借入期間が長くなれば、利息が増えることになるので、少しでもお得にキャッシングを利用したいのであれば、繰り上げ返済の活用がおすすめです。繰り上げ返済をする時は、完済まで新たな借入をしないようにすることで、よりお得にキャッシングを利用することができます。

お金のない学生さんに朗報!学生でもキャッシングを利用できます!

明日の飲み会のためにお金が必要だけど仕送りやバイト代が入るのはまだ先、なんて風にお金のことで困った経験がある学生さんは多いでしょう。キャッシングを利用するのは働いている大人の特権であるというようなイメージは強いですが、本当にお金が必要なのはまだ社会に出ることの出来ない学生のうちかもしれません。学生のアルバイトと会社員の収入に差が出てしまうのは当然のことであり、時にはキャッシングをしてみたいと思ったことのある学生さんも少なくないでしょう。

しかし学生の身分でキャッシングを利用出来るのか、と思われるかもしれませんが実は学生であってもキャッシングを利用することは可能です。一般の金融会社はもちろんのこと、なんと中には学生ローンという主に学生や20代の若い人たちを対象とした会社も複数存在するほどです。現代社会では学生であってもキャッシングを利用出来るだけの下地が十分整えられているというわけです。

しかしいくら学生ローンといってもその利用条件には限度があります。まず高校生は残念ながら流石にキャッシングを利用することは出来ません。20歳を越えていることが望ましいですが、18歳や19歳でも高校生でなければ不可能ではありません。そしてアルバイトでよいので収入があることが好ましいですね。20歳を越えていて、アルバイトをしていればまず申し込みを断られることは少ないでしょう。

また借りられたとしてもさほど大きな額を利用できないことは覚悟しておきましょう。最近では学生でなかったとしてもキャッシングで利用出来る額は以前と比べてかなり控えめになってしまっています。学生であるとすれば初回の利用では借りられたとしても10万円が限度というところではないでしょうか。

そして一般の金融会社を利用するのか、学生ローン専門の会社を利用するかの選択も大事になってきます。前者の場合は、学生がキャッシングを行うことは不可能ではないですがその審査が厳しいことは否めません。しかしもし審査に通れば学生ローンよりも好条件で利用することが出来るでしょう。後者の場合は学生に特化したローンだけあって、学生でも十分審査を通ることが出来ます。会社によってはアルバイトをしていなくても審査を通ることもあるでしょう。ただ、こちらの場合は一般の金融会社と比べると条件は低くなりがちで将来的にキャッシングを利用し続けにくいのは難点です。

どちらに転んでも一長一短ではありますが、学生でもキャッシングを行うことは可能である、これは間違いありません。もちろん学生の身分でキャッシングを気軽に行うことにはリスクが伴うので、もしもの手段として覚えておくとよろしいのではないでしょうか。

オススメの地方銀行のカードローン2選

銀行カードローンは大手銀行を選ぶ人が多いですが、最近では地方銀行のカードローンを選ぶ人が増えてきています。地方銀行のカードローンは地域に密着しているので地域制限があるなど利用する事が出来る人が限られています。しかし良心的なサービスを提供してくれて利用しやすいカードローンでもあります。そこでオススメの地方銀行のカードローンを紹介していきましょう。

・横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは地方銀行のカードローンの中で最大規模と言われています。それで大手銀行のカードローンと同じぐらい経営面で安定しているので安心してお金を借りる事が出来ます。上限金利が14.6%、限度額が最大1000万円までになっているので大手銀行のカードローンの水準の借入条件となっています。午前中に申し込みをして昼間までに手続きを完了させると即日融資を受ける事も可能です。

・千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンは横浜銀行カードローンより規模が小さくなってしまいますが、収入証明書の提出が不要なので申し込みをする時に手間がかかりません。他の銀行カードローンでは100万円以上の借り入れをする時に収入証明書の提出が必要になってくるので多額の借り入れをする時は千葉銀行カードローンを利用するとメリットになります。

アルバイトでキャッシング機能を付帯するには

クレジットカードを発行してもらうときなどに、キャッシング機能を付帯したいと思う方は多いかもしれません。

キャッシング機能はクレジットカードを発行してもらうときにいくらか上限をつけることができます。

ただクレジットカードのキャッシング機能は自分の年収や貯金額によっていくらまでキャッシングができるか上限があります。

そのため、もし貯金額が少なく年収もあまり無いのにキャッシングを50万円などの高額にしてしまうと、キャッシング機能どころかクレジットカードも発行でき無いので、自分の年収や貯金額に合わせてキャッシング機能の上限を決めるようにしてください。

そしてアルバイトでもキャッシング機能を付帯することはできます。

その際に自分の年収や貯金額をあらかじめチェックしておくと良いです。

そうするとキャッシング機能でいくらかを決める助けになります。

どうしてもいくらを上限にすれば良いのか分からないならば1番低い金額でキャッシング機能を設定すると良いです。

キャッシング機能の上限はクレジットカードを発行した後に変更することもできるので、いきなり高額にする必要はありません。

キャッシング機能が付帯できるか不安ならば、まずはこのようにすることをおすすめします。

アルバイトでもキャッシングはOKです。

お金に困ったときに頼りになるのがキャッシングです。

キャッシングは必要なときに迅速な審査でお金を貸してくれるのでピンチの時に頼りになります。

そんなに簡単にお金を借りることができるのかと不思議に思う人も多いと思います。

特にアルバイトだと収入も多くないしキャッシングの申し込みができるのか不安に思う人も多いでしょう。

しかしほとんどのキャッシング会社はアルバイトだという理由で申し込みができないということはありません。

申し込み条件のところにもはっきりとアルバイトOKと書いてあります。

基本的に20歳以上で自分で働いて収入を得ている人なら誰でも申し込みをすることができます。

確かに正社員や公務員の方が年収も多く収入も安定しているので借りやすいというのは事実です。

しかし非正規労働者の数がこれほど多くなった現代ではアルバイトで生活している人は珍しくありません。

アルバイトや派遣だと雇い主の都合で解雇されることも多いのでお金に困ることが多くなります。

そういうときにキャッシングがあると助かります。

キャッシングなら生活費を切り詰めてコツコツ貯金を貯めなくてもすぐにまとまった現金を用意できるので急な出費でお金が必要なときに便利です。

申し込み手続きや審査もネットや自動契約機から簡単に済ますことができます。

審査時間も20分ほどで終了するので即日融資が必要だというときにも十分対応できます。

キャッシングとの上手な付き合い方

日頃生活していると急な出費というのは日常茶飯事です。いつもその時のためにお金を残しておけるなら問題ないのですが、なかなかうまくはいきません。あと少しで給料日というのに急な出費のせいで現金が心もとなく、かといって預金も余裕があるわけでもない。そんな時こそキャッシングの出番です。

キャッシングというと、借金という性質上どうしてもマイナスのイメージが強いですが、そんなキャッシングとも上手に付き合うことができたなら、マイナスイメージを抱くどころか、万が一の時の頼れるパートナーとなります。

例えば急な出費があるからといって、銀行に行ったとしてもすぐにお金を貸してくれるわけではありません。また友人に借りようと思っても、お金が絡むことなので頼みづらいと思われます。しかしキャッシングならそんな心配もありません。特にキャッシングは銀行借入と違い、審査が厳しいわけでも融資までに数日かかることがなく、即日借り入れをすることが可能です。また、増額の申し込みも気軽に依頼することができます。さらに借入から数日以内に返済すれば金利が全くかからないものもあるため、給料日前でも安心してキャッシングすることができます。

急な出費の際、キャッシングにマイナスイメージを抱く前に、自分とキャッシングが上手に付き合えるかを検討してみてはいかがでしょうか。