ミュージシャンでもモビットで借りれました

自分は20歳でミュージシャンになる為に東京に出てきて、現在は25歳でミュージシャンとアルバイトの掛持ちです。

やはりミュージシャンは甘くなく、全然仕事も少ない為、アルバイトをしないとやって行けません。

しかし、自分の場合、個人で事務所を作っていたので個人事業主という扱いにはなると思います。

どうしても活動費などが足りず、銀行などが貸してくれるはずはないので、消費者金融のモビットで借りようと思い、モビットのサイトから申込をしてみました。

一応、バイトもしてますが、個人事業で毎年確定申告をしているので、収入は少ないですが大丈夫かなと思っていました。

バイトの収入と合わせると300万はあり、個人事務所の方は200万程度。

申込してから30分後に担当の方から電話があり、希望額は満たないですが、10万なら融資できるとのことでした。

やはり希望の30万は難しかったので、10万を融資してもらうことにしました。

やはり自営業はキツイんだなと実感したのと、バイトもやっていると言ったのですが、それはつうようしませんでした。

会社員で借金がまったくなかったら100万の融資なんか簡単に通るのでしょうね。

しかしモビットの方がこの先しっかりと返済して頂ければ増額もできますとのことでしたので少しホットしました。

50万ぐらいの限度額になるようにコツコツと返済していきたいと思います。

ミュージシャンとして事業が大きくなって行ってくれれば言うことはないのですが、そうもうまくは行かないので。

銀行カードローンのお借入極度額で設定範囲に注意!

銀行カードローンは、大手消費者金融のカードローンに比べると上限金利が約3%ほど低いことから、総返済額が少なくなるという特徴があります。ですが、設定金利の低さや保証会社のタイプにより審査難易度にも差があり、契約することは難しいカードローンになります。

設定金利が低い分、融資リスクが低い申込者を対象とするため、他社借入が多い人やクレジットカード会社の利用残高が多い人などは契約は難しくなります。ですが、カードローンではお借入極度額に注意することも重要です。

銀行カードローンのお借入極度額は、銀行および商品により様々です。似通ったカードローンでも、100万円までは10万円毎にお借入極度額が設定されるものから、30万円や50万円と限度枠が広くなるものもあります。

ここで注目しなければならないこととして、この設定枠が小刻みにある場合の方が審査通過の可能性は高めになります。信用度や返済能力が限度枠に伴い難いカードローンに比べ、少額での設定が可能なものは、柔軟性が残ります。

特に新社会人、パートやアルバイトの場合においては、金利設定が同じで保証会社も同じカードローンが複数選択しになった場合は、お借入極度額の選択肢が多い方が契約出来る可能性があることを認識しておくことがポイントになります。

アイフルのSuLaLi(スラリ)を利用する3つのメリットとは?

女性にとってキャッシングを利用するというのは不安を感じるものです。そんな女性のための女性専用カードローンがアイフルのSuLaLi(スラリ)です。今日はスラリを利用すると実感できる3つのメリットをご紹介します。

まず、最初のメリットはスラリは借入限度額が10万円であるということです。アイフルの場合には限度額は500万円となっています。しかし、スラリは借りすぎないように意図的に限度額を低くしているのです。最初は慎重に借入をしていても、慣れてくるとついつい借りすぎてしまうということが起きないようになっています。そのため、女性でも安心して利用することができるのです。

次のメリットはスラリは女性専用のスタッフが対応してくれるということです。キャッシングに申し込むと本人確認や在籍確認など何度かキャッシング会社から確認の電話があります。また、こちらから疑問や相談したいというときもあります。そんなときでもスラリならばすべて女性が対応してくれるのです。女性同士だから気軽に話しやすくなります。

最後のメリットはスラリはカードのデザインがオシャレであるということです。スラリはアイフルの他のカードとデザインが違います。お財布の中に入れていてもカードローンのカードとはわかりません。周りの人からバレにくいのです。

無利息でキャシングする方法の紹介

キャシングには、利息が発生することが常識です。

しかし、一定の期間だけ無利息で借り入れすることもできます。

多くの消費者金融がある中、競争が激しくなったためか新規の利用者に対して、初回の借り入れから30日間は利息のつかいないサービスを実施している業者もいくつかあります。銀行系のカードローンの場合には、このサービスを行っているところは少ないです。

ただし、消費者金融の場合には一般的に銀行系よりも利率が高いため、無利息期間中に返済できるのであれば選択するべきですか、返済が長引ようであれば収支を計算して慎重なカードローン会社選びが必要になってきます。

この無利息期間サービスですが、新規利用だけでなく別の方法で実施している業者もあります。

例えばプロミスなどは、アプリをダウンロードすることでいろいろな方法でポイントを貯めていくことができます。ポイント数に応じて、1週間の無利息期間をゲットできたりします。

ただ、無利息期間を獲得するには相当なポイントが必要になってきますので、結局はポイントを貯めている間の利息がついていくことになり、よく考えると得したとは言えないかもしれません。

いずれにしても、無利息という言葉だけでカード会社を選ぶのではなく、希望借り入れ金額や返済期間などを総合的に考えて判断する必要があります。

アコムは利用する価値があるのかどうか

アコムというのは消費者金融の中で最も知名度は高いところといっても過言ではないです。無人貸付機を始めたところがここですし、そして今でも30日無利息というのは初回限定ではあるのですが、そうしたサービスをやっていますのでとりあえず消費者金融を初めて使うという人にとってはお勧めできる部分も多いです。

ですが、さすがに金利の部分も確認しておきたいというところでしょうが、金利はそこまで安いわけではないです。こういう時は上限金利を見るということが重要なのですが上限金利は18%ということになっていますので特に際立って業界内で安いというわけでもありませんのでその点だけは勘違いしないようにしておきましょう。ですが、30日間無利息というのはとても良い点があるのは間違いないです。

学生だとキャッシングができないのか

学生だとキャッシングが出来ないのか、疑問に思う人はいるでしょう。キャッシングは基本的に返済能力がある人が申し込み・契約が出来ることが前提だからです。

さて、結論からいうと学生でもキャッシングの申し込みをすることは出来ます。ただ、社会人の様に毎月の「安定した」収入や年収といった考え方が本人の稼ぎに該当しない場合が多く、返済能力もはっきりいって未知数のため、借り入れを出来る金額にも大きな制限があります。もちろん社会人学生はこれに該当しません。

また、気をつけないといけないのが年齢です。日本では未成年、成人済みの区分けがはっきりとしています。成人すると自分の責任範囲が増えるからですね。未成年の方の場合、成人済みの人よりもキャッシング出来る金融機関が絞られています。問合せをした履歴はしっかりと残るので、自分の行動に責任を持てるのか、よく考えてから申し込みを行いましょう。

WEBサービスで見る大手の消費者金融と中小の違い

消費者金融にはCMで見るような大手の会社だけでなく、地域に密着した中小の会社も多く存在しています。

銀行と比較すると金利面で高めに設定されている消費者金融ですが、上限金利が決められているため、大手も中小も金利面においてそこまで違いがあるわけではありません。

ただし使いやすさの面で見ると違いが見てとれることもあり、その一つがWEBサービスです。

最近では中小の消費者金融でも公式ホームページが制作されていたりWEB申し込みなどができるところも増えていますが、大手ではWEBからの申し込みに加え、インターネットバンキングを利用した借入や返済に対応しているため利便性を考えたときに大手の方が使いやすいと言えます。