消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

職場への在籍確認の省略のメリットとデメリットとは?

職場への在籍確認を省略できるカードローンは、大手消費者金融に多いです。ただし絶対に省略できるわけではなく、担当者に交渉してどうにか省略できる感じです。

在籍確認を省略できるメリットは会社の方に借金することを知られる心配がないことだけではなく、会社の定休日に即日融資が受けられることが挙げられます。即日融資には原則申し込み当日に電話での在籍確認が必須だからです。

一方デメリットは、社員証や収入証明書を提出することにより個人情報が正確に把握されることです。ぶっちゃけ勤続年数や年収は多少ならごまかせるわけですが、正確に把握されることにより審査に落ちることや融資限度額が減らされる可能性があるのです。

来店せずにお金を借りたい時に便利なレイクの融資

お金が必要になって借りる手段を探している時にはレイクでのキャッシングが便利です。レイクではスマートフォンなどから公式サイトを通じてキャッシングの申込みが出来る仕組みを採用していますので、来店をせずに申込みをする事が可能です。

Web申込みはいつでもどこでも行なえますので、必要になった時に申込みをすれば良いですし、審査を通過した後に契約をして利用する段階になった時に、モバイルアプリや公式サイトの会員メニューから融資の申込みを行う事が出来ますので便利です。

レイクでのキャッシングは限度額内で借り入れをする事が出来ますので、限度額いっぱいまで一度に融資を受けたり、何度でも融資を受けたりする事が可能です。