プロミスのおまとめローンの概要やメリット

プロミスでは他社債務を一つにまとめて返済負担を減らすのに便利なおまとめローンというローンの取り扱いがあります。同社のおまとめローンの概要とメリットを解説していきます。

・貸付条件

2018年6月6日時点で融資限度額は最大で300万円、実質年率は6.3%から17.8%となっています。なお同サービスは総量規制対象外のサービスとなっているため年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

・担保と保証人

おまとめローンは無担保ローンであるため担保や連帯保証人などは不要で借り入れができます。

・契約できる人

20歳以上65歳以下で安定した収入があれば契約可能です。この要件を満たしていれば学生や主婦(主夫)でも利用することができます。

総量規制対象外の融資サービスを使うには

キャッシングはお金が必要になった時に借りられる手段として広く浸透しています。しかし、キャッシングは貸金業法の下で貸金業を営んでいる消費者金融会社によって提供されており、現在では貸金業法に総量規制という仕組みが導入されていますので総量規制によって総限度額の上限があります。

総限度額は、これから利用するサービスだけでなく、現在利用しているサービスの限度額も含まれていますので、キャッシングの新規申込みをしても総限度額が利用者の年収の3分の1を超えていますと審査をパス出来ない可能性が高いです。

総限度額の上限を突破するには、総量規制対象外の融資サービスを活用する事です。総量規制対象外の融資サービスとして人気が高いのは銀行のカードローンです。キャッシングとの併用も可能ですので、使い勝手が良いのが利点でしょう。

ATMの時間外手数料がもったいないときには無利息期間のあるカードローンを利用しよう

土日祝日や早朝深夜の時間帯にATMで預金を引き出す場合、一部の金融機関を除いて時間外手数料を支払わなくてはなりません。もちろん、普段からお財布の中にに余裕を持たせておけばわざわざ時間外にATMでお金を引き出すようなことをせずに済むのですが、必ずしもいつもお財布の中身に余裕があるというわけではありません。

ときには急な予定が入ってしまうなどしてATMで預金を引き出さなくてはならない場合もあることでしょう。しかし、前述したように時間外での預金の引き出しに関しては手数料を支払はなくてはならず、自分のお金を引き出すために無駄な出費を強いられてしまうことになります。

そのような無駄な出費を避けたいというときには無利息期間のあるカードローンを利用するのもひとつの手です。無利息期間のあるカードローンなら利息を支払わずに必要になった金額の融資を受けられるからです。

キャッシングの即日利用なら消費者金融各社がベスト!

急な出費が重なってお金がない状態の時に、また急な出費が重なってどうしようもないパターンは往々にしてあると思います。

中でも即日でお金が必要な時があると思いますが、この場合でキャッシングという選択肢を利用検討した場合、その審査や融資までのスピードを考えると銀行のローンよりも消費者金融の利用がオススメです。

昨今の銀行カードローンの隆盛で、銀行カードローンの融資までのスピードも以前よりは上がってきたのですが、即日融資に対応している銀行はほとんどありません。どうしても銀行カードローンの場合、銀行と保証会社で二重の審査がある点、カード送付や銀行口座開設に時間がかかるため、あらかじめその銀行の普通預金口座を持っていない限り、即日融資は難しいでしょう。

即日融資ということであれば、無人契約機で申し込みからカード発行までを一気に済ませてくれる消費者金融の利用がオススメです。発行されたカードは会社ATMが隣接していればそこで、なければ近くのコンビニですぐに利用が可能です。即日、どうしてもお金が必要な場合は、消費者金融の無人契約機が一番スピーディに融資が受けられるでしょう。

消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

職場への在籍確認の省略のメリットとデメリットとは?

職場への在籍確認を省略できるカードローンは、大手消費者金融に多いです。ただし絶対に省略できるわけではなく、担当者に交渉してどうにか省略できる感じです。

在籍確認を省略できるメリットは会社の方に借金することを知られる心配がないことだけではなく、会社の定休日に即日融資が受けられることが挙げられます。即日融資には原則申し込み当日に電話での在籍確認が必須だからです。

一方デメリットは、社員証や収入証明書を提出することにより個人情報が正確に把握されることです。ぶっちゃけ勤続年数や年収は多少ならごまかせるわけですが、正確に把握されることにより審査に落ちることや融資限度額が減らされる可能性があるのです。

来店せずにお金を借りたい時に便利なレイクの融資

お金が必要になって借りる手段を探している時にはレイクでのキャッシングが便利です。レイクではスマートフォンなどから公式サイトを通じてキャッシングの申込みが出来る仕組みを採用していますので、来店をせずに申込みをする事が可能です。

Web申込みはいつでもどこでも行なえますので、必要になった時に申込みをすれば良いですし、審査を通過した後に契約をして利用する段階になった時に、モバイルアプリや公式サイトの会員メニューから融資の申込みを行う事が出来ますので便利です。

レイクでのキャッシングは限度額内で借り入れをする事が出来ますので、限度額いっぱいまで一度に融資を受けたり、何度でも融資を受けたりする事が可能です。