消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。

キャッシング申し込み時は電話に出れるよう準備が必要!

今では、インターネットから手軽にキャッシング申し込みが可能です。特にWeb完結であれば、契約手続きもでき、窓口に足を運ぶ必要がありません。ですが、インターネットからの申し込みは、審査結果をただ待っていれば良いというものではありません。

電話が来ないと思い込み、知らないうちに申し込みが取り下げになるケースがあります。インターネットからの申し込みでは、申込者本人に対し申し込み事実の確認が行われることがあります。これは、なりすまし行為の防止対策であり、電話での確認となります。そして、何度も電話があったものの、放置してしまうことで確認が出来なくなってしまいます。そのため、キャッシング申し込みを行った際はいつでも電話応対可能な状況にしておくことが重要です。

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。