キャッシングローンを利用する時は本人確認が必要です

消費者金融とかでお金を借りたい時はキャッシング・ローンのサービスを利用することになりますが、その際に身分を証明するものとかが必要となるため、用意しておくようにお願いします。本人確認がないとキャッシング・ローンは利用できないようになっているため、はじめてキャッシング・ローンを利用する方とかは特に覚えておくようにお願いします。

本人確認は大事なことであり、キャッシング・ローンを利用する時は細かな情報とかも提出しないといけないため、勤務先とか年収・月収、職種をはじめ、住所や名前及び年齢、生年月日、信用情報、家族構成、世帯年収などといった情報が必要となってくるので情報確認が必要となるのであります。そのため、身分を証明する本人確認も重要となるのです。

比較をしてユーザーの用途にマッチしたキャッシングを探す

キャッシングは数多くのサービスが提供されていますので、ユーザーはサービスの選び方で融資を利用しやすくなります。提供されるサービスは消費者金融会社毎に異なりますので、提携サービスの多さやスマホATMへの対応、スマートフォンアプリを使った各種手続きの充実度などといった要素を比較してユーザーに合ったキャッシングサービスを選びます。

選んだキャッシングサービスは途中でサービス内容に変更がある場合もありますので、その場合はより良いサービスに乗り換える事も必要です。大手消費者金融会社が提供しているキャッシングは、ユーザーの利便性を考慮して全国に自動契約機を設置したり、提携ATMを増やしたりしています。限度額まで何回でも使える融資サービスは利用用途の制限がありませんので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。比較検討する事がユーザーに適したサービス探しに有効な手段です。

賞与支給後に効率良く返済するなら!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、繰り上げ返済するほど翌月の利息が減り、元本返済の割合が高くなります。その結果、総返済額を大幅に抑えることも可能です。特にまとまった金額を返済するといった場合、賞与支給を利用する人が多いと思います。

もし、賞与支給後に忘れずに返済したいという場合ならインターネット返済やネットバンキングからの振り込みを活用するのがおすすめです。インターネット返済ならスマートフォンからその場で手続きができ、ネットバンキングの振り込みなら返済先や返済額を設定して自動返済も可能です。この方法なら追加返済を忘れる方、ついつい無駄使いする方でも効率良く返済でき、トータル的に返済額も抑えられます。

銀行カードローンなのに在籍確認で銀行名を名乗らないのは何故?

銀行でローン契約をする方は、非常に多いと考えます。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやリフォームローンなどざまざまです。その中にはカードローンもありますが、住宅ローンの場合だと銀行名で連絡してくれるものの、カードローンは担当者個人名になっています。勤務先への電話で、住宅ローンや自動車ローンの契約と誤魔化したい人も多いはずです。

そもそも、多くの銀行カードローンが何故銀行名を名乗らないのかというと、プライバシー保護というよりも名乗れない・名乗ってはいけないということが壁になっています。銀行カードローンは、審査を保証会社に殆ど任せていることが多く、審査を行う会社が銀行名を名乗ること自体が違法な行為になってしまいます。

ただし、銀行自体が社内に専門部門を有している場合は、銀行名で連絡するというケースもあります。勤務先への電話については、バレ難くはなっているものの、電話に対する理由を考えておくのがベストです。

消費者金融も全然普通のクレジットと変わりません。

自分自身、初めて消費者金融から借り入れをするまではあまりいいイメージがありませんでしたが、どうしても早急にお金が必要だったのと、

給料日が来たら返せる範囲の金額でどこの消費者金融の会社もそうだと思いますが、30日間は無利息なので当初から30日前の無利息状態で返そうと

思っていたので散々、給料日まで待つか、じゃなければ持っている信販会社のクレジットカードを使うか悩みましたが、どうせ無利息で返すのであれば

初消費者金融を経験しておくのも悪くないかもと思い何気にいつも通っている通りにあるアコムの無人自動契約機に入ってみました。

思っていたイメージとは全然違いますし基本、スマホを操作するみたいな感じで画面をタッチしてオペレーターさんと話をして30分もかからずに借り入れと

現金を借りる事が出来ました。無論、無利息期間内で返したので金利は1円も取られませんでした。

みなさんにもどうしても急なお金が必要で30日以内の無利息で返せるのであれば無人自動契約機をお勧めします。

消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。

キャッシング申し込み時は電話に出れるよう準備が必要!

今では、インターネットから手軽にキャッシング申し込みが可能です。特にWeb完結であれば、契約手続きもでき、窓口に足を運ぶ必要がありません。ですが、インターネットからの申し込みは、審査結果をただ待っていれば良いというものではありません。

電話が来ないと思い込み、知らないうちに申し込みが取り下げになるケースがあります。インターネットからの申し込みでは、申込者本人に対し申し込み事実の確認が行われることがあります。これは、なりすまし行為の防止対策であり、電話での確認となります。そして、何度も電話があったものの、放置してしまうことで確認が出来なくなってしまいます。そのため、キャッシング申し込みを行った際はいつでも電話応対可能な状況にしておくことが重要です。

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。