大手消費者金融のキャッシングの限度額

大手消費者金融のキャッシングでは、利用限度額は最大500~800万円となっています。いきなり数百万円のキャッシングを申し込む人は滅多にいないとは思いますが、誰もがこんなに借りられるわけではありません。キャッシングの利用限度額は、審査によって、1人1人異なった限度額が設定されます。

まず、大前提として、消費者金融のキャッシングでは貸金業法の総量規制が適用されるため、年収の3分の1までしか借りられないと決まっています。年収が300万円の人は、最大でも100万円しか借りることができません。

年収の他に、雇用形態や勤続年数、持ち家に住んでいるか賃貸か、居住年数、家族など、様々な条件も考慮されるため、限度額が3分の1以下に設定されることも少なくありません。一般的に、正社員で勤続年数が高く、他社からの借り入れがないという人は限度額が高く設定されるようです。

審査には通ったけれど、設定された借入限度額が希望より低かった、という場合もあります。

反対に、希望限度額を低めにして申し込むことで、審査に通りやすくなるということもあるようです。借り入れ後に、遅延もなくきちんと返済し、実績を作ることで、借入限度額が増額されることもあります。大手消費者金融では50万円以上の借り入れを申し込むと収入証明書が必要となり、手間もかかることが多いので、最初は低めに申し込んでおくというのも一つの方法です。