賞与支給後に効率良く返済するなら!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、繰り上げ返済するほど翌月の利息が減り、元本返済の割合が高くなります。その結果、総返済額を大幅に抑えることも可能です。特にまとまった金額を返済するといった場合、賞与支給を利用する人が多いと思います。

もし、賞与支給後に忘れずに返済したいという場合ならインターネット返済やネットバンキングからの振り込みを活用するのがおすすめです。インターネット返済ならスマートフォンからその場で手続きができ、ネットバンキングの振り込みなら返済先や返済額を設定して自動返済も可能です。この方法なら追加返済を忘れる方、ついつい無駄使いする方でも効率良く返済でき、トータル的に返済額も抑えられます。

おまとめローンに借り換え借入金の早期返済を目指そう

生活費の不足分や遊興費を借りる手段として消費者金融のキャッシングは手軽で便利です。消費者金融のキャッシングは申し込みの手続きに時間を取られるようなこともなく、審査の結果が判明するのもすぐだからです。

しかし、キャッシングをよく利用する人の中にはいつのまにか借入の金額が増えてしまい、その返済をするためにまたキャッシングを繰り返してしまう人もいます。もちろん、いくらキャッシングを繰り返そうがその返済をしっかりとできるのであれば問題はありません。

問題なのは借入金を返済するためにキャッシングを繰り返してしまう多重債務の状態に陥ってしまうことです。ひとたび多重債務の状態に陥ってしまった場合、利息が利息を生み出す状況が返済を終えるまで続くことになるので借入金の額はどんどんと増えていくことになります。

そうなってしまった場合、自力では返済を続けていくことが難しくなってしまうのでおまとめローンを検討するのが一番です。おまとめローンはすでにある借入金を一括して返済していくための専門のローンですが、そのメリットは金利の安さです。

より金利の安いおまとめローンに借り換え複数ある借入金を一本にまとめてしまえば利息の負担も大きく減らすことができ、借入金の早期返済を目指すことができるようになります。

内緒のキャッシングがもたらすリスクとは?契約者以外に返済義務が発生することも!

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む際、家族にバレることを気にする方が多いと思います。そのため、インターネット上でWEB完結で契約が出来るものや無人契約機を利用することが家族バレのリスクを軽減します。また、ローンカードが簡易書留ではなく、本人限定受取郵便であることも大きな条件となります。

さて、家族に借り入れをバレないように借り入れしていた場合、万が一の際、配偶者に返済の請求が行われるケースがあります。基本的には、契約者以外に対する返済要求は出来ないものの例外があります。

特に専業主婦のキャッシング契約の場合、内緒にしていたことで配偶者に影響が出るものとして、生活費や医療費といったものに利用していた場合です。この場合、『日常家事債務』となり、配偶者も返済をする必要性があります。知らなかったといって、返済義務を逃れることは出来ないものとなります。

連帯保証人ではないのに、何故返済する必要があるのかと考えてしまいますが、生活費の場合、自分自身も借り入れで生活をしているということを認識する必要があります。
銀行カードローンの場合、専業主婦も融資対象としているものが多いため、内緒で借り入れを行われないよう家庭内で生活費に関する話し合いが出来る環境を作ることが重要になります。

結果として、専業主婦の場合、返済能力だけでなく、実質的な連帯保証人になってしまうというリスクがあるため、注意が必要です。

キャッシングの返済について

急な出費の時に、日々の生活で貯蓄をしていなかったり周囲から借り入れが出来なかったりする事もあります。
そのような時にキャッシングを検討する事も一つの方法です。

しかし、キャッシングをするとなれば利息がつきものです。
借入金額についても少なくする必要がありますし、借り入れした後の事についても考えなければならないです。

特に、返済をしている期間が長くなればなるほど、突発的な出費をする可能性が高まります。
出来る事であれば、短期間ですぐに支払いをする事がベストですが返済が滞ってしまうとさらに利息がかかってしまいます。

そのようにならないように、毎月苦しくない返済計画を立てる必要があります。
どこで借り入れをするかにもよりますが、キャッシング業者によってはインターネット上で返済シュミレーションというものがあります。

この機能は、借入金額と月々いくら返済できるか、具体的な金額を入れる事によって期間がどのくらいになるのかわかります。
色々な金額を入れる事によって、自分自身が返済にどのくらいかかるのかも目で見てわかります。

そして、インターネット上であればじっくりと考える事が出来ます。
返済に困ったら、返済シュミレーションという機能を使ってみるのも一つの方法です。