カードローン・キャッシングの金額は必要以上に設定してしない!

私はお金に余裕のある状態でしたが、急に元々働いていた会社を退職する事になり、次の仕事を探していましたが、中々見つけることが出来なく、徐々に日々の生活費が足りなくなり、友人や家族に相談した所、とりあえず生活をしていく為にキャッシングをしてみたらどうだと提案してくれたので、考えた末にカードローンに申し込みを行いました。

日々の生活費が足りなくなっていた現状を無職の間の数ヶ月ですが、退職前の状態で余裕のある生活が出来るまでに回復しました。
ですが、気づけば、カードローンを行なった当初に設定していた限度額一杯を必ずしも全て使用する必要は無いにも関わらず、必要以上にキャッシングを行ってしまい、いつの間にか借入金額をあげてしまっており 返済回数を増やした為に、当初自分で考えた計画の返済プラン・返済金額が大幅に変わってしまい全額返済を行うまで、とても困ってしまいました。

お金に困る事はとても精神的に辛い事で、借り入れが出来るようになったら、その辛かった事からの反動からか、余裕の生活をしようと必要以上にキャッシングを行なってしまうと思いますので、本当に必要な最低金額の設定にして計画的に返済を行なうようにして下さい。

アルバイトでもキャッシングを利用するためのポイント

誰でも予定外の出費が生じるということはあるものです。さて、そんな急にお金が必要になったというときにどう対応したら良いのでしょうか。そんなときに助けになるのがキャッシングです。しかし、仕事が正社員ではなくてアルバイトの人でもキャッシングを利用することはできるのでしょうか。さらに利用するために注意したいポイントはなんでしょうか。

まず、アルバイトでもキャッシングを利用することはできますので、アルバイトだから無理だと決め付けないでください。とはいえ、実際に申し込みをする前に注意したいポイントもあります。

それは、借り入れ額です。キャッシング会社が審査を行う際にアルバイトは正社員よりも返済能力は低いとみなされてしまいます。なぜなら年収が少ないからです。それで、借り入れるときにできるだけ借入額を少なくすることは実際的な方法と言えます。

また、アルバイトでも勤続年数が長ければそれだけ安定した仕事だと判断されます。もし、今後もキャッシングを利用したいのであれば、できるだけ同じ職場で働き続けることも重要と言えます。
以上のようにアルバイトでもキャッシングを利用することはできます。まずは申し込んでみることをお勧めします。

自動契約機の重要なメリットとは

キャッシングに申し込む際にとても便利なのが自動契約機です。キャッシングにはネットや電話などたくさんの申込方法がありますが、自動契約機の利用価値はそのなかでも高くなっています。自動契約機のメリットのうち、特に重要なのはこのふたつです。

休日や夜間でも利用できる

自動契約機は無人なので、店頭窓口よりも長い時間稼働しています。さらに平日だけでなく土日や祝日も利用可能。休日に突然お金が必要になったときも、自動契約機に駆けつければなんとかなるのです。店頭窓口と違って都心から離れた場所や地方でも設置されているので、より多くの人がアクセス可能です。ブースの入り口は施錠できるので、夜間などでも安心して利用でき、プライバシーの心配もありません。

その場でカードを直接受け取れる

申し込んですぐにお金を借りたいとき、自動契約機は強い味方になります。自動契約機にはカード発行機能が付属しており、契約を済ませればすぐにカードを受け取れるのです。カードさえあれば、そばに置いてある専用ATMでもコンビニATMでもお金を引き出せます。また上で書いたように自動契約機は土日や祝日、夜間でも稼働しているので、通常の営業時間外でもすぐにカードを入手できます。自動契約機があることで、即日融資の可能性が一気に広がるのです。

主婦でもキャッシングはできるんです!

主婦の方でキャッシング等の借入は審査通過が難しいかもと思っている場合が多いですが、
基本的に安定している定期的収入があれば問題はありません。

勿論、多重債務等の問題が無ければの話です。

主婦でもバイトでもパートでも必ず収入の差はあるものの、その収入に応じた借入は可能です。

ですが、仕事をしだしてから1年未満のパートやアルバイトの他に正社員を含め、
前の年に働いていた職場の源泉徴収が必要になる事があります。

きちんと働いていたという信用が金融会社も欲しいので、
こういった時に源泉徴収が無い場合は審査落ちになる事もあります。

ですので、証明書は前年度分は残しておいた方がいいです。

ちなみに、源泉徴収の他にも給料明細も必要となるか、どちらか一方が必要になる事が多いので注意が必要です。

もしも前年度は仕事をしていない場合では、借入金額を少なくしておき、きちんと返済期日を守り信用を上げていけば、
次に借入する際に前回借入した金額よりも高い金額を借入する事も可能になります。

このように主婦の方でもパートの方でも審査における基準は少し高くなる事がありますが、
十分にキャッシングは可能になるので本当に必要な場合は悩まずに審査を受けてみてはいかがでしょうか。

学生だとキャッシングができないのか

学生だとキャッシングが出来ないのか、疑問に思う人はいるでしょう。キャッシングは基本的に返済能力がある人が申し込み・契約が出来ることが前提だからです。

さて、結論からいうと学生でもキャッシングの申し込みをすることは出来ます。ただ、社会人の様に毎月の「安定した」収入や年収といった考え方が本人の稼ぎに該当しない場合が多く、返済能力もはっきりいって未知数のため、借り入れを出来る金額にも大きな制限があります。もちろん社会人学生はこれに該当しません。

また、気をつけないといけないのが年齢です。日本では未成年、成人済みの区分けがはっきりとしています。成人すると自分の責任範囲が増えるからですね。未成年の方の場合、成人済みの人よりもキャッシング出来る金融機関が絞られています。問合せをした履歴はしっかりと残るので、自分の行動に責任を持てるのか、よく考えてから申し込みを行いましょう。

初めての方でもおすすめキャッシングの利用方法がある!

皆さんはキャッシングを利用したことがありますでしょうか?キャッシングと聞くと不安や恐怖感などかあり、なかなか利用をためらっていると言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそのようなことがなく安心して利用することが可能なのです。そんな初めてキャッシングを行うことに対して、おすすめな利用の仕方がありますのでご説明したいと思います。

まず大手の消費者金融はポイントサイトなどで広告を打ち出していることがあります。そのポイントサイトを経由して申し込みを行うと、現金やギフト券に変えられるポイントがもらえるので大変お得な方法の1つです。

また消費者金融によって、初めての利用に限り金利がかからない期間を設けているところがあります。そのような所でキャッシングを行うことによって、金利がかからずに利用することが可能になったりもします。この2つを併用して行うと、無料でキャッシングを受けられている上に、ポイントがさらにもらえるお得な方法であると言えます。ぜひ試してみてください。

消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

比較をしてユーザーの用途にマッチしたキャッシングを探す

キャッシングは数多くのサービスが提供されていますので、ユーザーはサービスの選び方で融資を利用しやすくなります。提供されるサービスは消費者金融会社毎に異なりますので、提携サービスの多さやスマホATMへの対応、スマートフォンアプリを使った各種手続きの充実度などといった要素を比較してユーザーに合ったキャッシングサービスを選びます。

選んだキャッシングサービスは途中でサービス内容に変更がある場合もありますので、その場合はより良いサービスに乗り換える事も必要です。大手消費者金融会社が提供しているキャッシングは、ユーザーの利便性を考慮して全国に自動契約機を設置したり、提携ATMを増やしたりしています。限度額まで何回でも使える融資サービスは利用用途の制限がありませんので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。比較検討する事がユーザーに適したサービス探しに有効な手段です。

キャッシングのまとめサイト利用の際の注意点

まとめサイトは大変便利であり、情報を調べるのにはもってこいではありますが、実は注意しないといけない点もあります。

その理由としては、まとめサイトの情報自体が間違っている、もしくは情報が古いケースがあるということです。

実際に借り入れの情報というのは年数がたつことに変化しているわけであり、そこにまとめサイトというのはついていけてないようなケースもあります。

特にマイナーなところですと、情報更新が遅れているようなケースも多く、そのまま信じてしまうといらぬ勘違いをして

手間がかかってしまうことがあります。

こういったこともありますので、十分な注意が必要です。 しっかりと該当する企業の情報などを調べて利用を考えておきましょう。

困った時にパパッとキャッシング

キャッシングは怖い、借りたくない、と思うことは、とても大切なことです。実際にキャッシングは、簡単に借りられてしまうことから、利息も年率15パーセント程もして、他のローンと比べたら高いことがわかります。

しかし、いざという時のために、借りても借りなくても、契約しておくと便利です。クレジットカードを作る時にキャッシングを付帯して契約することができます。その時に、最初はいらないとは思いながらも契約しておくと後々、よかったと思うことができます。

例えば、海外など旅行の際は、キャッシングができるクレジットであれば、キャッシュが手元になくなった際などに、一時的に借りることができます。また、国内においては急な出費がかさんでしまい、キャッシュが本当になく困っている時に、両親や周りに迷惑をかけることなく、自分の判断で借りることができます。キャッシングは大変、振込が早く、【困った!】という思いに即座に対応してくれる、天使です。

しかし、勘違いしてはならないのは、キャッシングは、一時的に借りるものであり、計画性を持ってきちんと借りなければならないという点です。毎月、毎月、借りては返し借りては返しをしていては、利息は減らないばかりか、借金が増えるばかりです。

そんなことにならないためにも、計画性を持って、一時的な困った時のための便利なものと考えて利用できると考えると、とても有意義な使い方ができます。

困った時にパッと借りて、パッと返しましょう。