困った時にパパッとキャッシング

キャッシングは怖い、借りたくない、と思うことは、とても大切なことです。実際にキャッシングは、簡単に借りられてしまうことから、利息も年率15パーセント程もして、他のローンと比べたら高いことがわかります。

しかし、いざという時のために、借りても借りなくても、契約しておくと便利です。クレジットカードを作る時にキャッシングを付帯して契約することができます。その時に、最初はいらないとは思いながらも契約しておくと後々、よかったと思うことができます。

例えば、海外など旅行の際は、キャッシングができるクレジットであれば、キャッシュが手元になくなった際などに、一時的に借りることができます。また、国内においては急な出費がかさんでしまい、キャッシュが本当になく困っている時に、両親や周りに迷惑をかけることなく、自分の判断で借りることができます。キャッシングは大変、振込が早く、【困った!】という思いに即座に対応してくれる、天使です。

しかし、勘違いしてはならないのは、キャッシングは、一時的に借りるものであり、計画性を持ってきちんと借りなければならないという点です。毎月、毎月、借りては返し借りては返しをしていては、利息は減らないばかりか、借金が増えるばかりです。

そんなことにならないためにも、計画性を持って、一時的な困った時のための便利なものと考えて利用できると考えると、とても有意義な使い方ができます。

困った時にパッと借りて、パッと返しましょう。