消費者金融の利用者数について思うこと

現在消費者金融(貸金業者)の契約者数は約1900万人います。これは契約しただけで利用していない人も含まれており、実際の利用者は約1100万人です。そして複数の消費者金融を利用している人は約400万人となっています。ちなみに5社以上利用している強者は約14万人もいるのです。この数字を見ても、いかに消費者金融が庶民に浸透しているかが分かります。

また借入残高を見ると、平均して約65万円借りています。1社だけしか借入していない人でも約48万円借りているので、使っているうちに融資限度額が増えていっていることが想像できます。つまりちょっと借りるつもりが、お金が出る魔法のカードのように錯覚してどんどん借入残高が増えていったのです。

ですから必要のない方は、消費者金融から融資限度額の増枠を提案されてもきっぱりと断るべきです。

銀行カードローンのお借入極度額で設定範囲に注意!

銀行カードローンは、大手消費者金融のカードローンに比べると上限金利が約3%ほど低いことから、総返済額が少なくなるという特徴があります。ですが、設定金利の低さや保証会社のタイプにより審査難易度にも差があり、契約することは難しいカードローンになります。

設定金利が低い分、融資リスクが低い申込者を対象とするため、他社借入が多い人やクレジットカード会社の利用残高が多い人などは契約は難しくなります。ですが、カードローンではお借入極度額に注意することも重要です。

銀行カードローンのお借入極度額は、銀行および商品により様々です。似通ったカードローンでも、100万円までは10万円毎にお借入極度額が設定されるものから、30万円や50万円と限度枠が広くなるものもあります。

ここで注目しなければならないこととして、この設定枠が小刻みにある場合の方が審査通過の可能性は高めになります。信用度や返済能力が限度枠に伴い難いカードローンに比べ、少額での設定が可能なものは、柔軟性が残ります。

特に新社会人、パートやアルバイトの場合においては、金利設定が同じで保証会社も同じカードローンが複数選択しになった場合は、お借入極度額の選択肢が多い方が契約出来る可能性があることを認識しておくことがポイントになります。

アイフルのSuLaLi(スラリ)を利用する3つのメリットとは?

女性にとってキャッシングを利用するというのは不安を感じるものです。そんな女性のための女性専用カードローンがアイフルのSuLaLi(スラリ)です。今日はスラリを利用すると実感できる3つのメリットをご紹介します。

まず、最初のメリットはスラリは借入限度額が10万円であるということです。アイフルの場合には限度額は500万円となっています。しかし、スラリは借りすぎないように意図的に限度額を低くしているのです。最初は慎重に借入をしていても、慣れてくるとついつい借りすぎてしまうということが起きないようになっています。そのため、女性でも安心して利用することができるのです。

次のメリットはスラリは女性専用のスタッフが対応してくれるということです。キャッシングに申し込むと本人確認や在籍確認など何度かキャッシング会社から確認の電話があります。また、こちらから疑問や相談したいというときもあります。そんなときでもスラリならばすべて女性が対応してくれるのです。女性同士だから気軽に話しやすくなります。

最後のメリットはスラリはカードのデザインがオシャレであるということです。スラリはアイフルの他のカードとデザインが違います。お財布の中に入れていてもカードローンのカードとはわかりません。周りの人からバレにくいのです。

アコムは利用する価値があるのかどうか

アコムというのは消費者金融の中で最も知名度は高いところといっても過言ではないです。無人貸付機を始めたところがここですし、そして今でも30日無利息というのは初回限定ではあるのですが、そうしたサービスをやっていますのでとりあえず消費者金融を初めて使うという人にとってはお勧めできる部分も多いです。

ですが、さすがに金利の部分も確認しておきたいというところでしょうが、金利はそこまで安いわけではないです。こういう時は上限金利を見るということが重要なのですが上限金利は18%ということになっていますので特に際立って業界内で安いというわけでもありませんのでその点だけは勘違いしないようにしておきましょう。ですが、30日間無利息というのはとても良い点があるのは間違いないです。

WEBサービスで見る大手の消費者金融と中小の違い

消費者金融にはCMで見るような大手の会社だけでなく、地域に密着した中小の会社も多く存在しています。

銀行と比較すると金利面で高めに設定されている消費者金融ですが、上限金利が決められているため、大手も中小も金利面においてそこまで違いがあるわけではありません。

ただし使いやすさの面で見ると違いが見てとれることもあり、その一つがWEBサービスです。

最近では中小の消費者金融でも公式ホームページが制作されていたりWEB申し込みなどができるところも増えていますが、大手ではWEBからの申し込みに加え、インターネットバンキングを利用した借入や返済に対応しているため利便性を考えたときに大手の方が使いやすいと言えます。

アイフルのカーライフローンを解説

消費者金融のローンというとカードローンを思い浮かべる人が多いでしょうが、大手消費者金融のアイフルでは自動車の購入費用などをお得に調達できるカーライフローンという自動車ローンの取り扱いがあります。同ローンサービスの詳細を確認していきましょう。

まず貸付条件ですが、2019年1月20日時点で融資限度額は最高で100万円、実質年率は13.0%から17.0%とされています。カードローンよりも実質年率の上限値が低く設定されているので初めてローンを利用する場合でもお得に借入ができます。

なおカーライフローンを利用して調達した資金は自動車の購入資金や車検費用、修理費用やカー用品の購入費用などに利用ができ、資金使途を確認できる領収書などをアイフルに提出する必要があります。

来店せずにお金を借りたい時に便利なレイクの融資

お金が必要になって借りる手段を探している時にはレイクでのキャッシングが便利です。レイクではスマートフォンなどから公式サイトを通じてキャッシングの申込みが出来る仕組みを採用していますので、来店をせずに申込みをする事が可能です。

Web申込みはいつでもどこでも行なえますので、必要になった時に申込みをすれば良いですし、審査を通過した後に契約をして利用する段階になった時に、モバイルアプリや公式サイトの会員メニューから融資の申込みを行う事が出来ますので便利です。

レイクでのキャッシングは限度額内で借り入れをする事が出来ますので、限度額いっぱいまで一度に融資を受けたり、何度でも融資を受けたりする事が可能です。

消費者金融も全然普通のクレジットと変わりません。

自分自身、初めて消費者金融から借り入れをするまではあまりいいイメージがありませんでしたが、どうしても早急にお金が必要だったのと、

給料日が来たら返せる範囲の金額でどこの消費者金融の会社もそうだと思いますが、30日間は無利息なので当初から30日前の無利息状態で返そうと

思っていたので散々、給料日まで待つか、じゃなければ持っている信販会社のクレジットカードを使うか悩みましたが、どうせ無利息で返すのであれば

初消費者金融を経験しておくのも悪くないかもと思い何気にいつも通っている通りにあるアコムの無人自動契約機に入ってみました。

思っていたイメージとは全然違いますし基本、スマホを操作するみたいな感じで画面をタッチしてオペレーターさんと話をして30分もかからずに借り入れと

現金を借りる事が出来ました。無論、無利息期間内で返したので金利は1円も取られませんでした。

みなさんにもどうしても急なお金が必要で30日以内の無利息で返せるのであれば無人自動契約機をお勧めします。

安心してお金が借りられるプロミスのキャッシング

これから初めてキャッシングの契約をしてお金を借りたいと考えている人の中には、無理な取り立てや法外な利息を請求されてしまうのではと不安を感じている人もいるかもしれません。たしかに一部のキャッシング業者の中には非常に悪質なところもあり、そのような業者からお金を借りてしまうと法外な利息を請求したり、早朝や夜間を問わずに取り立てを行うところも皆無ではありません。

その点、大手消費者金融業者として全国的に名前が知られているプロミスならば金利も法律に則ったものですし、無理な取り立てを行うことがありません。これから初めてキャッシングの契約をしようという人はプロミスのような大手消費者金融業者を選ぶことが安心してお金を借りるための最善の方法となります。

楽天ローンとキャッシングの利点を理解して使い分けるには

楽天ローンとは、楽天銀行が提供している個人向けの融資であり、楽天銀行の口座が無くても申込みを行えます。支店を持たない楽天銀行は、全てのサービスの手続きをインターネット経由で行っており、ユーザーはスマートフォンなどで申し込めるという利点があります。

楽天ローンが他のローンと違うところは、審査の過程において、楽天会員のランクによって優遇するとしている点です。また、利息の実質利率も1.9%から14.5%となっていますので、返済時の負担も軽くなっています。

キャッシングの利点は、限度額内であれば、何回でも融資を受けられる事です。楽天ローンも同様の使い方が行えますが、キャッシングは数多くの消費者金融会社が存在しますので、様々なサービスを選択出来るのも良い部分です。

第三銀行カードローン「SUN」について

三重県を中心にサービスを展開している第三銀行ではカードローン「SUN」という金融商品があります。

近年、サービス内容に少し変化があり、借入限度額が前までは1000万円だったのが今現在は500万円に変化し、

それに伴って金利も6.8~14.5パーセントと若干の変化がついています。 金利についてはこの価格帯の限度額だと平均的かちょっと高めです。

口座無しでも申し込みが可能(契約完了までに口座開設は必須)で、WEBからの申し込みが可能と近年のカードローンならではの申し込み条件を完備しており、セブンイレブンやローソンなど複数の提携先ATMで野借り入れ、返済も可能です。

ただ、かなりアナログな部分も多くWEBからの申し込み完結まではしていないようで、早くてもお店に来店が出来る方で契約を完了させるという人でも

最短で3日は借入までに時間がかかってしまうそうです。

また、在籍確認もしっかりと行いますし、家族にばれないで利用するということも明細書が郵送で来るので難しいところがあるでしょう。

メインバンクとして第三銀行を利用していて、お金の管理をしやすいようにするようなことでないと、なかなか利用するような価値は乏しいかもしれません。