職場への在籍確認の省略のメリットとデメリットとは?

職場への在籍確認を省略できるカードローンは、大手消費者金融に多いです。ただし絶対に省略できるわけではなく、担当者に交渉してどうにか省略できる感じです。

在籍確認を省略できるメリットは会社の方に借金することを知られる心配がないことだけではなく、会社の定休日に即日融資が受けられることが挙げられます。即日融資には原則申し込み当日に電話での在籍確認が必須だからです。

一方デメリットは、社員証や収入証明書を提出することにより個人情報が正確に把握されることです。ぶっちゃけ勤続年数や年収は多少ならごまかせるわけですが、正確に把握されることにより審査に落ちることや融資限度額が減らされる可能性があるのです。

キャッシングローンを利用する時は本人確認が必要です

消費者金融とかでお金を借りたい時はキャッシング・ローンのサービスを利用することになりますが、その際に身分を証明するものとかが必要となるため、用意しておくようにお願いします。本人確認がないとキャッシング・ローンは利用できないようになっているため、はじめてキャッシング・ローンを利用する方とかは特に覚えておくようにお願いします。

本人確認は大事なことであり、キャッシング・ローンを利用する時は細かな情報とかも提出しないといけないため、勤務先とか年収・月収、職種をはじめ、住所や名前及び年齢、生年月日、信用情報、家族構成、世帯年収などといった情報が必要となってくるので情報確認が必要となるのであります。そのため、身分を証明する本人確認も重要となるのです。

銀行カードローンなのに在籍確認で銀行名を名乗らないのは何故?

銀行でローン契約をする方は、非常に多いと考えます。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやリフォームローンなどざまざまです。その中にはカードローンもありますが、住宅ローンの場合だと銀行名で連絡してくれるものの、カードローンは担当者個人名になっています。勤務先への電話で、住宅ローンや自動車ローンの契約と誤魔化したい人も多いはずです。

そもそも、多くの銀行カードローンが何故銀行名を名乗らないのかというと、プライバシー保護というよりも名乗れない・名乗ってはいけないということが壁になっています。銀行カードローンは、審査を保証会社に殆ど任せていることが多く、審査を行う会社が銀行名を名乗ること自体が違法な行為になってしまいます。

ただし、銀行自体が社内に専門部門を有している場合は、銀行名で連絡するというケースもあります。勤務先への電話については、バレ難くはなっているものの、電話に対する理由を考えておくのがベストです。

消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。

内定が決まっている人はキャッシング可能か?

就職活動で企業から何とか内定が決まっているのではありますが、内定がある段階でお金を借入することはできるのでしょうか?

結論から言いますと、内定だけもらっていてもお金を借入するようなことはできません。

考えればわかることですが、まだ収入があるわけでもなく、更にはない手があるからといって突然その内定が取り消しになるような可能性も十分あります。

そういったことから、内定があっても借り入れはまずできないようになっており、

内定を得ている状況で、アルバイトなどで一定の収入がないとキャッシングはまず利用できないと考えておいてください。

キャッシングは、実際に内定をもらった会社に就職して収入を得てからのほうが安定して利用できるでしょう。

年収が高くても基本給と基準外賃金の違いに注意!

銀行や消費者金融でキャッシング契約をする際、収入情報は利用限度額に大きく影響します。ですが、年収が高いからといっても、その額に見合った金額にならないこともあります。融資条件には『安定した収入』というものがあります。

これを当てはめると、基本給は安定しているものの、基準外賃金は安定していないと見なすことが出来ます。手当てや時間外勤務により収入が高いいっても、毎月その分だけ得られるとは限りませんそこで注意が必要なのは、申し込み時に希望するのはあくまでも基本給に合う金額とすることです。

審査においては、高過ぎる希望額を提示しただけで審査が通過出来ないこともあります。申し込みの際は、あくまでも確実に得られる収入を考慮するのがポイントになります。

楽天ローンの審査時間と在籍確認について

楽天銀行のカードローンは、入会でもれなく1000ポイントプレゼントされたり、スマートフォンで簡単に申し込みが完了する。都合のよい銀行口座で利用が可能。コンビニのATMでも利用が可能ということで人気となっています。

この楽天銀行カードローンは、安定した収入がある人なら、満20歳以上62歳以下の人であれば、誰でも申し込むことができ、楽天銀行の口座がなくても問題はありません。

即日融資を受けようと思った時には、平日の14時30分までに申し込みから借り入れ申し込みまでをすませておく必要があります。

審査の状況は、数日かかる場合もありますから、かならず即日融資が受けられるとは限りませんから、注意が必要です。

審査に通った後に借り入れする方法としては、銀行振込かATMから借り入れするかの2つの方法があります。

カードは郵送で後日送られてきますから、その日のうちにどうしてもお金を借りたいという場合には、銀行振込となります。

ネットのキャッシングであれば、24時間365日いつでも利用することができますし、電話から即日振り込みも可能ですから、便利に利用することができます。

楽天銀行カードローンだけに限らず、申し込みを行うと、どの金融機関でも在籍確認があります。この在籍確認が終わらないと、借り入れが翌営業日以降となってしまいますから、即日融資を希望している場合には、注意しましょう。

アルバイトでもOKのキャッシング

急にお金が必要になったとき、キャッシングは大変便利です。
ただ、アルバイトや派遣社員だと、キャッシングの審査に通らないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、アルバイトでもしっかりと働いて収入と、返済の見込みがあれば審査に申し込むことは可能です。
よく、インターネットなどでは、アルバイトの勤続年数が1年以上ないと審査に通らないといった情報が見かけられますが、勤続年数について明記しているところはほとんどありませんし、アルバイトを始めたばかりであっても、きちんと在籍確認がとれれば、審査を通貨することは可能です。

在籍確認は、キャッシング業者から勤務する職場に電話をかけ、本当に本人がそこで働いているかを確認する手続きのことで、審査の基本となります。
この在籍確認をしてもらうことで、職場で一定の収入を得ていることが証明されますから、審査に通る確率が高くなります。

アルバイトを始めたばかりの人は、できるだけ利息が低いところを選ぶようにするとよいでしょう。
一定期間無利息でお金を借りることができるサービスがある消費者金融であれば、生活に負担をかけることなく、必要なお金だけを借りることができるのでおすすめです。

キャッシングは限度額方式になります

カードローンを始めとする主なキャッシングサービスは、限度額と呼ばれる最高額まで自由に借り入れや返済を行えるのが特徴です。
借り入れがある場合、それに応じた定期的な返済も行わなくてはいけませんが、その他は好きな時に借りたり、返すことができます。

この限度額は、申込み時に希望した金額を元にキャッシング会社側で設定します。例えば30万円の希望で申込みを行ったとしても、そのまま30万円になるとは限りません。収入面や現在抱えている他のローン契約の状況、そして、過去のローン契約の利用状況などから総合的に判断し、返済に問題がないと考えられる金額が設定されます。

また、ノンバンクと呼ばれる金融業者からのキャッシングには、総量規制という規定が適用されます。これは、収入による借り入れ制限のことで、年収の1/3がその上限になります。全てのノンバンクからの借り入れを合計して、年収の1/3を超える借り入れは行うことはできません。
年収が300万円の人の場合、100万円がその上限になるので、既に他社を2社利用し、それぞれ30万円、50万円の限度額での契約を行っている場合、あと20万円までしか借りることができないという訳です。

逆に、少ない希望金額で申込みを行った場合に、それより高い限度額が設定されることがあります。10万円の希望に対して、30万円となったような場合です。このケースは、そこまでなら貸しても大丈夫だと判断されたと受け取ってください。

このように必要以上の限度額になった場合でも、10万円だけしか利用しなければ、10万円の限度額で利用しているのと同じです。ただし、信用情報上では30万円の借り入れを行っていると判断されるので、必要のない分まで大きな限度額をもっていると、他のローン契約に影響を与えてしまうことがあります。本当にそこまでは必要ない場合は、希望金額以上の限度額は不要だと先に伝えた方がいいでしょう。

アルバイトの方がキャッシング審査を通るには?

急な出費がある!でも今月のお給料では足りない!っていう時は誰しもあると思います。親戚にも友人からも借りづらい…という時にとる方法の一つとしてキャッシングがあるでしょう。
しかし自分はアルバイトだけど審査って通るのかな?と思われる方もいらっしゃると思います。アルバイトの方でもキャッシング審査を通過するためにはどのようにすればいいのでしょうか。

まずアルバイトであっても「安定した収入を得ている」という事が重要となってきます。
ここでいう安定というのは今年と去年で年収が大きく異なるような方よりも同じ金額でも安定して同じ額を稼いでいる、という方のほうが審査には有利です。

またアルバイトを何度も何度も変えている方よりも同じ場所で長く勤めている方が有利な場合もあります。

近年では正社員で働いていない方の人口が増えてきており以前と比べるとアルバイトの方がキャッシングを利用しやすくなってきています。
それでもキャッシング会社によって規定は様々ですのでアルバイトでも借り入れができるキャッシング会社を探すことも重要になってきます。

しかしアルバイトは審査が通りづらいから、と手当たり次第に申し込めるキャッシング会社に申し込みをしてしまうと逆に信用情報に関わってしまい借り入れが更にしづらくなってしまう原因となってしまうので絶対にやめましょう。

世間の正社員雇用率の低下によりアルバイトでも比較的簡単に借り入れをできるようになりましたが借りるということは今後返済もあるということです。
今後の生活の事も考慮し、無理のない金額のキャッシングを行うよう心がけて下さい。