おまとめローンのメリットとデメリットは表裏一体という事実を知ろう

複数の金融機関から借入がある人にとっては、おまとめローンはメリットが多い金融商品であるといえます。しかし、メリットが多いおまとめローンもその利用方法を間違えるとかえってデメリットが大きくなってしまうこともあります。おまとめローンのメリットとデメリットは表裏一体であるという言い方もできるのです。

おまとめローンのメリットとして金利が安くなることや月々の返済額が少なることがよく上げられます。この場合には金利が安くなっても月々の返済額を少なくすると、総返済額がおまとめローンの利用前よりも大きくなってしまうことがあります。せっかくおまとめローンの利用で金利が下がるのですから、しっかりシュミレーションをして総返済額が増えてしまわないように考えなければなりません。

アイフルのカーライフローンを解説

消費者金融のローンというとカードローンを思い浮かべる人が多いでしょうが、大手消費者金融のアイフルでは自動車の購入費用などをお得に調達できるカーライフローンという自動車ローンの取り扱いがあります。同ローンサービスの詳細を確認していきましょう。

まず貸付条件ですが、2019年1月20日時点で融資限度額は最高で100万円、実質年率は13.0%から17.0%とされています。カードローンよりも実質年率の上限値が低く設定されているので初めてローンを利用する場合でもお得に借入ができます。

なおカーライフローンを利用して調達した資金は自動車の購入資金や車検費用、修理費用やカー用品の購入費用などに利用ができ、資金使途を確認できる領収書などをアイフルに提出する必要があります。

初めての方でもおすすめキャッシングの利用方法がある!

皆さんはキャッシングを利用したことがありますでしょうか?キャッシングと聞くと不安や恐怖感などかあり、なかなか利用をためらっていると言う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそのようなことがなく安心して利用することが可能なのです。そんな初めてキャッシングを行うことに対して、おすすめな利用の仕方がありますのでご説明したいと思います。

まず大手の消費者金融はポイントサイトなどで広告を打ち出していることがあります。そのポイントサイトを経由して申し込みを行うと、現金やギフト券に変えられるポイントがもらえるので大変お得な方法の1つです。

また消費者金融によって、初めての利用に限り金利がかからない期間を設けているところがあります。そのような所でキャッシングを行うことによって、金利がかからずに利用することが可能になったりもします。この2つを併用して行うと、無料でキャッシングを受けられている上に、ポイントがさらにもらえるお得な方法であると言えます。ぜひ試してみてください。

利息を比較してみた!キャッシング業者とクレジットカードだとまさかの結果

気軽に使ってしまいがちなクレジットカードのキャッシング。しかし、キャッシングをするならばキャッシング業者のカードを作るべきです。「キャッシングは利息が高い」というイメージから敬遠している方も多いでしょうが、利息を実際に計算し比較してみると驚きの結果になりましたのでお知らせします。

例えば10万円をキャッシングして、月々2万円を払い5ヶ月間で完済するものとします。どちらも金利は一般的なキャッシングの際の年率18.0%とすると、合計の利息はクレカですと4,762円ですが、キャッシング業者の場合はなんと3,137円と大幅に安くなります。

その秘密は「無利息期間」。大手のキャッシング業者は初めての方を対象に30日間の無利息キャンペーンを行っており、その結果クレジットカードキャッシングよりも大幅にお得な金利で借入が出来るのです。もうクレカはショッピングのみにして、キャッシングするならば迷わずキャッシング業者に申込みしましょう。

キャッシングの返済は必ず遅れてはいけません!

キャッシングにてお金を借りて、借りている当初はいいですがやはり困るのは返済ですよね。

筆者もできるだけ返済したくないなーと思いながら返してます。(笑)

絶対に返済は遅れないようにしましょう。お金が困っているときも利子分だけは最低でも支払ましょう。

どうしてもお金がないときは、電話にて、相談をすると利子分だけでも受け付けてくれるところは割と多いです。

遅れてしまうと、電話の督促、手紙での督促、そしてそれを無視し続けていると最終的に法的手段を用いての返済が強要されてしまいます

特に、最終的な通告の催告書が出てから期限が過ぎてしまうと、一括で返さなければいけないし、更には差し押さえにもなってしまいます。

必ず返済には遅れないで、どうしてもお金がないときは利子分だけでも期間内に支払いましょう!

即日融資を受けるなら消費者金融で申し込み

急な出費で現金が必要になったとき便利なのが消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンです。しかし、現在カードローンでは即日融資を行うことができなくなっています。今日申し込んで今日お金が必要というなら消費者金融に申し込むことになります。

そこで気をつけたいのは、銀行の取引対応時間です。銀行口座に融資されたお金を振り込んでもらう場合、銀行の取引対応時間が平日の午後3時までなところがほとんどです。そのため、申し込みから審査までの時間なども考えて遅くとも午後2時ぐらいまでには申し込みを済ませておく必要があります。

小額のキャッシングなら運転免許証などの本人確認書類があれば大丈夫ですが、高額になると収入証明書が必要になります。書類の不備で申し込みができなくなるようなことがないように、事前に準備しておきましょう。

私が初めてキャッシングを利用した理由とは?

現在では様々な理由や用途に応じて銀行や消費者金融からキャッシングを受けている人が多いことと思います。初めてキャッシングを行おうと思っている方に向けて、私がどのような理由でキャッシングを受けたのかということについてお話ししていきたいと思います。

私がキャッシングを利用したのはちょうど1年前のことであり、引っ越しをしようと思って貯蓄をしていた引っ越し費用があるのですが、思っていたよりも引っ越し費用がかかってしまい、どうしようか迷っていた時にインターネットの口コミを見て利用することにしました。

キャッシングを受けることに不安がありましたが、担当してくれたスタッフやオペレーターの方が親身に相談に乗ってくれたと言う事と手続きを行ってくれたと言うことで安心して利用することができました。私のような理由以外にもどうしても投資としてお金が必要であると言うことや、旅行に行きたいと言うような理由でもキャッシングを受けることができます。

様々な理由があるとは思いますが、基本的にはどのような理由でもキャッシングを受けることが可能なのです。

無利息期間に魅力を感じました!

自宅の敷地内にて主人の車にぶつかってしまいました。

保険会社に連絡をすると自宅の敷地内での事故では保険金が給付されないと言われ困ってしまいました。

我が家の地域は田舎で車がないと生活ができません。

しかし、すぐに現金化できるお金もありませんし援助を頼れる親族もいないので消費者金融に借り入れを申し込むことにしました。

金融機関での借り入れも検討しましたが、住宅ローンの滞納もしたことがあるので審査が通る見込みがないと言われてしまいました。

消費者金融は金利が高いイメージで正直不安もありましたが、無利息期間があることに魅力を感じました。

来月には夫婦の給与も入りますので無利息期間中に少しでも返済をしたいと考えています。

消費者金融のWEB完結申込は利用すると便利だけど注意点もある

スマホの普及によって消費者金融はWEB完結申込を取り入れています。申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で出来てしまうので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。また来店不要になるので友人や職場の人にバレる可能性も低くなります。メリットになる点が目立つ消費者金融のWEB完結申込ですが、注意したい点もあるのでしっかり確認しておきましょう。

WEB完結申込を利用すると借入方法が振込キャッシングになるので口座を準備しなければいけません。業者によって対応している口座が異なってくるので申し込む前に確認が必要です。またカードが発行されないのでコンビニのATMで借り入れする事が出来なくなってしまいます。コンビニのATMを利用して借りようと考えている人は不都合になってしまうので注意しましょう。

キャッシングの返済は出来る範囲で

初めてキャッシングを利用した時は、正直ちゃんと返済していけるのかなって不安がありました。しかし、かれこれ1年ほど返済を続けましたが一度も滞納はありません。そこまで大きな金額ではないので毎月の支払いが辛くないというのもありますけど、安定して返済をすることが出来ています。

私の場合、帰ったら財布の小銭を全て貯金箱に入れるようにしました。やっぱりお金の使い方が苦手なので今月はちょっと厳しいなという月もあるのですが、そういう時は貯金箱からちょっと出して支払っておいたり。やっぱり余裕が大切なのだと思いました。

借金をする人ってやっぱりお金の使い方が豪快なところがあるので、最初から持ち歩かないようにしたり、余裕を持って行動するようにしています。そのおかげで、もうすぐ完済しそうで楽しみです。

消費者金融のメリットが知りたい!

アコムやプロミスなど、CMでもよく耳にするような会社は、「消費者金融」と呼ばれ、銀行でのカードローンとは異なります。「キャッシング」と呼ばれる消費者金融のメリットはどのようなものなのでしょうか?

消費者金融の一番のメリットは、即日融資で借りられることでしょう。そのため、急にまとまったお金が必要なときも、すぐに手元にお金が入ることになります。現在はスマホも普及しているために、スマホで申し込み、本人確認を済ませれば、一度も来店せずに融資が可能なこともあります。

また、コンビニやATMでも手続きが可能なので、借り入れの手続きがしやすい点もメリットのひとつです。

今ではキャッシング利用者も一万人以上いるので、それほどニーズのあるものと言えます。

プロミスのおまとめローンの概要やメリット

プロミスでは他社債務を一つにまとめて返済負担を減らすのに便利なおまとめローンというローンの取り扱いがあります。同社のおまとめローンの概要とメリットを解説していきます。

・貸付条件

2018年6月6日時点で融資限度額は最大で300万円、実質年率は6.3%から17.8%となっています。なお同サービスは総量規制対象外のサービスとなっているため年収の3分の1を超える借り入れも可能です。

・担保と保証人

おまとめローンは無担保ローンであるため担保や連帯保証人などは不要で借り入れができます。

・契約できる人

20歳以上65歳以下で安定した収入があれば契約可能です。この要件を満たしていれば学生や主婦(主夫)でも利用することができます。

総量規制対象外の融資サービスを使うには

キャッシングはお金が必要になった時に借りられる手段として広く浸透しています。しかし、キャッシングは貸金業法の下で貸金業を営んでいる消費者金融会社によって提供されており、現在では貸金業法に総量規制という仕組みが導入されていますので総量規制によって総限度額の上限があります。

総限度額は、これから利用するサービスだけでなく、現在利用しているサービスの限度額も含まれていますので、キャッシングの新規申込みをしても総限度額が利用者の年収の3分の1を超えていますと審査をパス出来ない可能性が高いです。

総限度額の上限を突破するには、総量規制対象外の融資サービスを活用する事です。総量規制対象外の融資サービスとして人気が高いのは銀行のカードローンです。キャッシングとの併用も可能ですので、使い勝手が良いのが利点でしょう。

ATMの時間外手数料がもったいないときには無利息期間のあるカードローンを利用しよう

土日祝日や早朝深夜の時間帯にATMで預金を引き出す場合、一部の金融機関を除いて時間外手数料を支払わなくてはなりません。もちろん、普段からお財布の中にに余裕を持たせておけばわざわざ時間外にATMでお金を引き出すようなことをせずに済むのですが、必ずしもいつもお財布の中身に余裕があるというわけではありません。

ときには急な予定が入ってしまうなどしてATMで預金を引き出さなくてはならない場合もあることでしょう。しかし、前述したように時間外での預金の引き出しに関しては手数料を支払はなくてはならず、自分のお金を引き出すために無駄な出費を強いられてしまうことになります。

そのような無駄な出費を避けたいというときには無利息期間のあるカードローンを利用するのもひとつの手です。無利息期間のあるカードローンなら利息を支払わずに必要になった金額の融資を受けられるからです。

キャッシングの即日利用なら消費者金融各社がベスト!

急な出費が重なってお金がない状態の時に、また急な出費が重なってどうしようもないパターンは往々にしてあると思います。

中でも即日でお金が必要な時があると思いますが、この場合でキャッシングという選択肢を利用検討した場合、その審査や融資までのスピードを考えると銀行のローンよりも消費者金融の利用がオススメです。

昨今の銀行カードローンの隆盛で、銀行カードローンの融資までのスピードも以前よりは上がってきたのですが、即日融資に対応している銀行はほとんどありません。どうしても銀行カードローンの場合、銀行と保証会社で二重の審査がある点、カード送付や銀行口座開設に時間がかかるため、あらかじめその銀行の普通預金口座を持っていない限り、即日融資は難しいでしょう。

即日融資ということであれば、無人契約機で申し込みからカード発行までを一気に済ませてくれる消費者金融の利用がオススメです。発行されたカードは会社ATMが隣接していればそこで、なければ近くのコンビニですぐに利用が可能です。即日、どうしてもお金が必要な場合は、消費者金融の無人契約機が一番スピーディに融資が受けられるでしょう。

消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

職場への在籍確認の省略のメリットとデメリットとは?

職場への在籍確認を省略できるカードローンは、大手消費者金融に多いです。ただし絶対に省略できるわけではなく、担当者に交渉してどうにか省略できる感じです。

在籍確認を省略できるメリットは会社の方に借金することを知られる心配がないことだけではなく、会社の定休日に即日融資が受けられることが挙げられます。即日融資には原則申し込み当日に電話での在籍確認が必須だからです。

一方デメリットは、社員証や収入証明書を提出することにより個人情報が正確に把握されることです。ぶっちゃけ勤続年数や年収は多少ならごまかせるわけですが、正確に把握されることにより審査に落ちることや融資限度額が減らされる可能性があるのです。

来店せずにお金を借りたい時に便利なレイクの融資

お金が必要になって借りる手段を探している時にはレイクでのキャッシングが便利です。レイクではスマートフォンなどから公式サイトを通じてキャッシングの申込みが出来る仕組みを採用していますので、来店をせずに申込みをする事が可能です。

Web申込みはいつでもどこでも行なえますので、必要になった時に申込みをすれば良いですし、審査を通過した後に契約をして利用する段階になった時に、モバイルアプリや公式サイトの会員メニューから融資の申込みを行う事が出来ますので便利です。

レイクでのキャッシングは限度額内で借り入れをする事が出来ますので、限度額いっぱいまで一度に融資を受けたり、何度でも融資を受けたりする事が可能です。

キャッシングローンを利用する時は本人確認が必要です

消費者金融とかでお金を借りたい時はキャッシング・ローンのサービスを利用することになりますが、その際に身分を証明するものとかが必要となるため、用意しておくようにお願いします。本人確認がないとキャッシング・ローンは利用できないようになっているため、はじめてキャッシング・ローンを利用する方とかは特に覚えておくようにお願いします。

本人確認は大事なことであり、キャッシング・ローンを利用する時は細かな情報とかも提出しないといけないため、勤務先とか年収・月収、職種をはじめ、住所や名前及び年齢、生年月日、信用情報、家族構成、世帯年収などといった情報が必要となってくるので情報確認が必要となるのであります。そのため、身分を証明する本人確認も重要となるのです。

比較をしてユーザーの用途にマッチしたキャッシングを探す

キャッシングは数多くのサービスが提供されていますので、ユーザーはサービスの選び方で融資を利用しやすくなります。提供されるサービスは消費者金融会社毎に異なりますので、提携サービスの多さやスマホATMへの対応、スマートフォンアプリを使った各種手続きの充実度などといった要素を比較してユーザーに合ったキャッシングサービスを選びます。

選んだキャッシングサービスは途中でサービス内容に変更がある場合もありますので、その場合はより良いサービスに乗り換える事も必要です。大手消費者金融会社が提供しているキャッシングは、ユーザーの利便性を考慮して全国に自動契約機を設置したり、提携ATMを増やしたりしています。限度額まで何回でも使える融資サービスは利用用途の制限がありませんので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。比較検討する事がユーザーに適したサービス探しに有効な手段です。

賞与支給後に効率良く返済するなら!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、繰り上げ返済するほど翌月の利息が減り、元本返済の割合が高くなります。その結果、総返済額を大幅に抑えることも可能です。特にまとまった金額を返済するといった場合、賞与支給を利用する人が多いと思います。

もし、賞与支給後に忘れずに返済したいという場合ならインターネット返済やネットバンキングからの振り込みを活用するのがおすすめです。インターネット返済ならスマートフォンからその場で手続きができ、ネットバンキングの振り込みなら返済先や返済額を設定して自動返済も可能です。この方法なら追加返済を忘れる方、ついつい無駄使いする方でも効率良く返済でき、トータル的に返済額も抑えられます。

銀行カードローンなのに在籍確認で銀行名を名乗らないのは何故?

銀行でローン契約をする方は、非常に多いと考えます。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやリフォームローンなどざまざまです。その中にはカードローンもありますが、住宅ローンの場合だと銀行名で連絡してくれるものの、カードローンは担当者個人名になっています。勤務先への電話で、住宅ローンや自動車ローンの契約と誤魔化したい人も多いはずです。

そもそも、多くの銀行カードローンが何故銀行名を名乗らないのかというと、プライバシー保護というよりも名乗れない・名乗ってはいけないということが壁になっています。銀行カードローンは、審査を保証会社に殆ど任せていることが多く、審査を行う会社が銀行名を名乗ること自体が違法な行為になってしまいます。

ただし、銀行自体が社内に専門部門を有している場合は、銀行名で連絡するというケースもあります。勤務先への電話については、バレ難くはなっているものの、電話に対する理由を考えておくのがベストです。

消費者金融も全然普通のクレジットと変わりません。

自分自身、初めて消費者金融から借り入れをするまではあまりいいイメージがありませんでしたが、どうしても早急にお金が必要だったのと、

給料日が来たら返せる範囲の金額でどこの消費者金融の会社もそうだと思いますが、30日間は無利息なので当初から30日前の無利息状態で返そうと

思っていたので散々、給料日まで待つか、じゃなければ持っている信販会社のクレジットカードを使うか悩みましたが、どうせ無利息で返すのであれば

初消費者金融を経験しておくのも悪くないかもと思い何気にいつも通っている通りにあるアコムの無人自動契約機に入ってみました。

思っていたイメージとは全然違いますし基本、スマホを操作するみたいな感じで画面をタッチしてオペレーターさんと話をして30分もかからずに借り入れと

現金を借りる事が出来ました。無論、無利息期間内で返したので金利は1円も取られませんでした。

みなさんにもどうしても急なお金が必要で30日以内の無利息で返せるのであれば無人自動契約機をお勧めします。

消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。

キャッシング申し込み時は電話に出れるよう準備が必要!

今では、インターネットから手軽にキャッシング申し込みが可能です。特にWeb完結であれば、契約手続きもでき、窓口に足を運ぶ必要がありません。ですが、インターネットからの申し込みは、審査結果をただ待っていれば良いというものではありません。

電話が来ないと思い込み、知らないうちに申し込みが取り下げになるケースがあります。インターネットからの申し込みでは、申込者本人に対し申し込み事実の確認が行われることがあります。これは、なりすまし行為の防止対策であり、電話での確認となります。そして、何度も電話があったものの、放置してしまうことで確認が出来なくなってしまいます。そのため、キャッシング申し込みを行った際はいつでも電話応対可能な状況にしておくことが重要です。

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。