消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。