キャッシングは限度額方式になります

カードローンを始めとする主なキャッシングサービスは、限度額と呼ばれる最高額まで自由に借り入れや返済を行えるのが特徴です。
借り入れがある場合、それに応じた定期的な返済も行わなくてはいけませんが、その他は好きな時に借りたり、返すことができます。

この限度額は、申込み時に希望した金額を元にキャッシング会社側で設定します。例えば30万円の希望で申込みを行ったとしても、そのまま30万円になるとは限りません。収入面や現在抱えている他のローン契約の状況、そして、過去のローン契約の利用状況などから総合的に判断し、返済に問題がないと考えられる金額が設定されます。

また、ノンバンクと呼ばれる金融業者からのキャッシングには、総量規制という規定が適用されます。これは、収入による借り入れ制限のことで、年収の1/3がその上限になります。全てのノンバンクからの借り入れを合計して、年収の1/3を超える借り入れは行うことはできません。
年収が300万円の人の場合、100万円がその上限になるので、既に他社を2社利用し、それぞれ30万円、50万円の限度額での契約を行っている場合、あと20万円までしか借りることができないという訳です。

逆に、少ない希望金額で申込みを行った場合に、それより高い限度額が設定されることがあります。10万円の希望に対して、30万円となったような場合です。このケースは、そこまでなら貸しても大丈夫だと判断されたと受け取ってください。

このように必要以上の限度額になった場合でも、10万円だけしか利用しなければ、10万円の限度額で利用しているのと同じです。ただし、信用情報上では30万円の借り入れを行っていると判断されるので、必要のない分まで大きな限度額をもっていると、他のローン契約に影響を与えてしまうことがあります。本当にそこまでは必要ない場合は、希望金額以上の限度額は不要だと先に伝えた方がいいでしょう。