消費者金融のキャッシングと総量規制について

年収の三分の一までというのが消費者金融のキャッシングで借入できる限度額となっています。これは総量規制という法律で定められているルールで消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金業者からの借入に適用されます。なお、この総量規制による借入制限は貸金業者からの借入金の合計額となっています。

そのため、自分が借りたいと思っている金額によっては総量規制による借入制限に引っかかってしまい、借入希望額のすべてをキャッシングで工面できないことになります。もしも、総量規制による借入制限に引っかかってしまい、希望額を借りられないという場合には総量規制対象外の銀行カードローンなどの利用を検討するようにしましょう。

職場への在籍確認の省略のメリットとデメリットとは?

職場への在籍確認を省略できるカードローンは、大手消費者金融に多いです。ただし絶対に省略できるわけではなく、担当者に交渉してどうにか省略できる感じです。

在籍確認を省略できるメリットは会社の方に借金することを知られる心配がないことだけではなく、会社の定休日に即日融資が受けられることが挙げられます。即日融資には原則申し込み当日に電話での在籍確認が必須だからです。

一方デメリットは、社員証や収入証明書を提出することにより個人情報が正確に把握されることです。ぶっちゃけ勤続年数や年収は多少ならごまかせるわけですが、正確に把握されることにより審査に落ちることや融資限度額が減らされる可能性があるのです。

来店せずにお金を借りたい時に便利なレイクの融資

お金が必要になって借りる手段を探している時にはレイクでのキャッシングが便利です。レイクではスマートフォンなどから公式サイトを通じてキャッシングの申込みが出来る仕組みを採用していますので、来店をせずに申込みをする事が可能です。

Web申込みはいつでもどこでも行なえますので、必要になった時に申込みをすれば良いですし、審査を通過した後に契約をして利用する段階になった時に、モバイルアプリや公式サイトの会員メニューから融資の申込みを行う事が出来ますので便利です。

レイクでのキャッシングは限度額内で借り入れをする事が出来ますので、限度額いっぱいまで一度に融資を受けたり、何度でも融資を受けたりする事が可能です。

キャッシングローンを利用する時は本人確認が必要です

消費者金融とかでお金を借りたい時はキャッシング・ローンのサービスを利用することになりますが、その際に身分を証明するものとかが必要となるため、用意しておくようにお願いします。本人確認がないとキャッシング・ローンは利用できないようになっているため、はじめてキャッシング・ローンを利用する方とかは特に覚えておくようにお願いします。

本人確認は大事なことであり、キャッシング・ローンを利用する時は細かな情報とかも提出しないといけないため、勤務先とか年収・月収、職種をはじめ、住所や名前及び年齢、生年月日、信用情報、家族構成、世帯年収などといった情報が必要となってくるので情報確認が必要となるのであります。そのため、身分を証明する本人確認も重要となるのです。

比較をしてユーザーの用途にマッチしたキャッシングを探す

キャッシングは数多くのサービスが提供されていますので、ユーザーはサービスの選び方で融資を利用しやすくなります。提供されるサービスは消費者金融会社毎に異なりますので、提携サービスの多さやスマホATMへの対応、スマートフォンアプリを使った各種手続きの充実度などといった要素を比較してユーザーに合ったキャッシングサービスを選びます。

選んだキャッシングサービスは途中でサービス内容に変更がある場合もありますので、その場合はより良いサービスに乗り換える事も必要です。大手消費者金融会社が提供しているキャッシングは、ユーザーの利便性を考慮して全国に自動契約機を設置したり、提携ATMを増やしたりしています。限度額まで何回でも使える融資サービスは利用用途の制限がありませんので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。比較検討する事がユーザーに適したサービス探しに有効な手段です。

賞与支給後に効率良く返済するなら!

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンは、繰り上げ返済するほど翌月の利息が減り、元本返済の割合が高くなります。その結果、総返済額を大幅に抑えることも可能です。特にまとまった金額を返済するといった場合、賞与支給を利用する人が多いと思います。

もし、賞与支給後に忘れずに返済したいという場合ならインターネット返済やネットバンキングからの振り込みを活用するのがおすすめです。インターネット返済ならスマートフォンからその場で手続きができ、ネットバンキングの振り込みなら返済先や返済額を設定して自動返済も可能です。この方法なら追加返済を忘れる方、ついつい無駄使いする方でも効率良く返済でき、トータル的に返済額も抑えられます。

銀行カードローンなのに在籍確認で銀行名を名乗らないのは何故?

銀行でローン契約をする方は、非常に多いと考えます。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやリフォームローンなどざまざまです。その中にはカードローンもありますが、住宅ローンの場合だと銀行名で連絡してくれるものの、カードローンは担当者個人名になっています。勤務先への電話で、住宅ローンや自動車ローンの契約と誤魔化したい人も多いはずです。

そもそも、多くの銀行カードローンが何故銀行名を名乗らないのかというと、プライバシー保護というよりも名乗れない・名乗ってはいけないということが壁になっています。銀行カードローンは、審査を保証会社に殆ど任せていることが多く、審査を行う会社が銀行名を名乗ること自体が違法な行為になってしまいます。

ただし、銀行自体が社内に専門部門を有している場合は、銀行名で連絡するというケースもあります。勤務先への電話については、バレ難くはなっているものの、電話に対する理由を考えておくのがベストです。

消費者金融も全然普通のクレジットと変わりません。

自分自身、初めて消費者金融から借り入れをするまではあまりいいイメージがありませんでしたが、どうしても早急にお金が必要だったのと、

給料日が来たら返せる範囲の金額でどこの消費者金融の会社もそうだと思いますが、30日間は無利息なので当初から30日前の無利息状態で返そうと

思っていたので散々、給料日まで待つか、じゃなければ持っている信販会社のクレジットカードを使うか悩みましたが、どうせ無利息で返すのであれば

初消費者金融を経験しておくのも悪くないかもと思い何気にいつも通っている通りにあるアコムの無人自動契約機に入ってみました。

思っていたイメージとは全然違いますし基本、スマホを操作するみたいな感じで画面をタッチしてオペレーターさんと話をして30分もかからずに借り入れと

現金を借りる事が出来ました。無論、無利息期間内で返したので金利は1円も取られませんでした。

みなさんにもどうしても急なお金が必要で30日以内の無利息で返せるのであれば無人自動契約機をお勧めします。

消費者金融の契約、審査に通るためにも正確な申告を

消費者金融での借り入れをする際には必ず、審査を受けることになります。

しかし、この審査の基準については、基本的には外部に公表されていません。

一般的に、消費者金融での審査は、「年齢や勤務先・勤続年数・収入・他社での借り入れ状況」などさまざまな要素が基準となると言われています。

そして、現状は、消費者金融ごとに基準が設けられています。

この審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

他社での借り入れ状況や勤続年数など、情報は正直に申告する必要があります。

また虚偽の申告をした場合、余計に審査に通りづらくなるともいわれています。

もし消費者金融での契約を考えている場合は、必要書類には正確な情報を記載した上で審査を受けるようにしましょう。

キャッシング申し込み時は電話に出れるよう準備が必要!

今では、インターネットから手軽にキャッシング申し込みが可能です。特にWeb完結であれば、契約手続きもでき、窓口に足を運ぶ必要がありません。ですが、インターネットからの申し込みは、審査結果をただ待っていれば良いというものではありません。

電話が来ないと思い込み、知らないうちに申し込みが取り下げになるケースがあります。インターネットからの申し込みでは、申込者本人に対し申し込み事実の確認が行われることがあります。これは、なりすまし行為の防止対策であり、電話での確認となります。そして、何度も電話があったものの、放置してしまうことで確認が出来なくなってしまいます。そのため、キャッシング申し込みを行った際はいつでも電話応対可能な状況にしておくことが重要です。

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。

安心してお金が借りられるプロミスのキャッシング

これから初めてキャッシングの契約をしてお金を借りたいと考えている人の中には、無理な取り立てや法外な利息を請求されてしまうのではと不安を感じている人もいるかもしれません。たしかに一部のキャッシング業者の中には非常に悪質なところもあり、そのような業者からお金を借りてしまうと法外な利息を請求したり、早朝や夜間を問わずに取り立てを行うところも皆無ではありません。

その点、大手消費者金融業者として全国的に名前が知られているプロミスならば金利も法律に則ったものですし、無理な取り立てを行うことがありません。これから初めてキャッシングの契約をしようという人はプロミスのような大手消費者金融業者を選ぶことが安心してお金を借りるための最善の方法となります。

キャッシングのまとめサイト利用の際の注意点

まとめサイトは大変便利であり、情報を調べるのにはもってこいではありますが、実は注意しないといけない点もあります。

その理由としては、まとめサイトの情報自体が間違っている、もしくは情報が古いケースがあるということです。

実際に借り入れの情報というのは年数がたつことに変化しているわけであり、そこにまとめサイトというのはついていけてないようなケースもあります。

特にマイナーなところですと、情報更新が遅れているようなケースも多く、そのまま信じてしまうといらぬ勘違いをして

手間がかかってしまうことがあります。

こういったこともありますので、十分な注意が必要です。 しっかりと該当する企業の情報などを調べて利用を考えておきましょう。

楽天ローンとキャッシングの利点を理解して使い分けるには

楽天ローンとは、楽天銀行が提供している個人向けの融資であり、楽天銀行の口座が無くても申込みを行えます。支店を持たない楽天銀行は、全てのサービスの手続きをインターネット経由で行っており、ユーザーはスマートフォンなどで申し込めるという利点があります。

楽天ローンが他のローンと違うところは、審査の過程において、楽天会員のランクによって優遇するとしている点です。また、利息の実質利率も1.9%から14.5%となっていますので、返済時の負担も軽くなっています。

キャッシングの利点は、限度額内であれば、何回でも融資を受けられる事です。楽天ローンも同様の使い方が行えますが、キャッシングは数多くの消費者金融会社が存在しますので、様々なサービスを選択出来るのも良い部分です。

内定が決まっている人はキャッシング可能か?

就職活動で企業から何とか内定が決まっているのではありますが、内定がある段階でお金を借入することはできるのでしょうか?

結論から言いますと、内定だけもらっていてもお金を借入するようなことはできません。

考えればわかることですが、まだ収入があるわけでもなく、更にはない手があるからといって突然その内定が取り消しになるような可能性も十分あります。

そういったことから、内定があっても借り入れはまずできないようになっており、

内定を得ている状況で、アルバイトなどで一定の収入がないとキャッシングはまず利用できないと考えておいてください。

キャッシングは、実際に内定をもらった会社に就職して収入を得てからのほうが安定して利用できるでしょう。

年収が高くても基本給と基準外賃金の違いに注意!

銀行や消費者金融でキャッシング契約をする際、収入情報は利用限度額に大きく影響します。ですが、年収が高いからといっても、その額に見合った金額にならないこともあります。融資条件には『安定した収入』というものがあります。

これを当てはめると、基本給は安定しているものの、基準外賃金は安定していないと見なすことが出来ます。手当てや時間外勤務により収入が高いいっても、毎月その分だけ得られるとは限りませんそこで注意が必要なのは、申し込み時に希望するのはあくまでも基本給に合う金額とすることです。

審査においては、高過ぎる希望額を提示しただけで審査が通過出来ないこともあります。申し込みの際は、あくまでも確実に得られる収入を考慮するのがポイントになります。

第三銀行カードローン「SUN」について

三重県を中心にサービスを展開している第三銀行ではカードローン「SUN」という金融商品があります。

近年、サービス内容に少し変化があり、借入限度額が前までは1000万円だったのが今現在は500万円に変化し、

それに伴って金利も6.8~14.5パーセントと若干の変化がついています。 金利についてはこの価格帯の限度額だと平均的かちょっと高めです。

口座無しでも申し込みが可能(契約完了までに口座開設は必須)で、WEBからの申し込みが可能と近年のカードローンならではの申し込み条件を完備しており、セブンイレブンやローソンなど複数の提携先ATMで野借り入れ、返済も可能です。

ただ、かなりアナログな部分も多くWEBからの申し込み完結まではしていないようで、早くてもお店に来店が出来る方で契約を完了させるという人でも

最短で3日は借入までに時間がかかってしまうそうです。

また、在籍確認もしっかりと行いますし、家族にばれないで利用するということも明細書が郵送で来るので難しいところがあるでしょう。

メインバンクとして第三銀行を利用していて、お金の管理をしやすいようにするようなことでないと、なかなか利用するような価値は乏しいかもしれません。

おまとめローンに借り換え借入金の早期返済を目指そう

生活費の不足分や遊興費を借りる手段として消費者金融のキャッシングは手軽で便利です。消費者金融のキャッシングは申し込みの手続きに時間を取られるようなこともなく、審査の結果が判明するのもすぐだからです。

しかし、キャッシングをよく利用する人の中にはいつのまにか借入の金額が増えてしまい、その返済をするためにまたキャッシングを繰り返してしまう人もいます。もちろん、いくらキャッシングを繰り返そうがその返済をしっかりとできるのであれば問題はありません。

問題なのは借入金を返済するためにキャッシングを繰り返してしまう多重債務の状態に陥ってしまうことです。ひとたび多重債務の状態に陥ってしまった場合、利息が利息を生み出す状況が返済を終えるまで続くことになるので借入金の額はどんどんと増えていくことになります。

そうなってしまった場合、自力では返済を続けていくことが難しくなってしまうのでおまとめローンを検討するのが一番です。おまとめローンはすでにある借入金を一括して返済していくための専門のローンですが、そのメリットは金利の安さです。

より金利の安いおまとめローンに借り換え複数ある借入金を一本にまとめてしまえば利息の負担も大きく減らすことができ、借入金の早期返済を目指すことができるようになります。

困った時にパパッとキャッシング

キャッシングは怖い、借りたくない、と思うことは、とても大切なことです。実際にキャッシングは、簡単に借りられてしまうことから、利息も年率15パーセント程もして、他のローンと比べたら高いことがわかります。

しかし、いざという時のために、借りても借りなくても、契約しておくと便利です。クレジットカードを作る時にキャッシングを付帯して契約することができます。その時に、最初はいらないとは思いながらも契約しておくと後々、よかったと思うことができます。

例えば、海外など旅行の際は、キャッシングができるクレジットであれば、キャッシュが手元になくなった際などに、一時的に借りることができます。また、国内においては急な出費がかさんでしまい、キャッシュが本当になく困っている時に、両親や周りに迷惑をかけることなく、自分の判断で借りることができます。キャッシングは大変、振込が早く、【困った!】という思いに即座に対応してくれる、天使です。

しかし、勘違いしてはならないのは、キャッシングは、一時的に借りるものであり、計画性を持ってきちんと借りなければならないという点です。毎月、毎月、借りては返し借りては返しをしていては、利息は減らないばかりか、借金が増えるばかりです。

そんなことにならないためにも、計画性を持って、一時的な困った時のための便利なものと考えて利用できると考えると、とても有意義な使い方ができます。

困った時にパッと借りて、パッと返しましょう。

楽天ローンの審査時間と在籍確認について

楽天銀行のカードローンは、入会でもれなく1000ポイントプレゼントされたり、スマートフォンで簡単に申し込みが完了する。都合のよい銀行口座で利用が可能。コンビニのATMでも利用が可能ということで人気となっています。

この楽天銀行カードローンは、安定した収入がある人なら、満20歳以上62歳以下の人であれば、誰でも申し込むことができ、楽天銀行の口座がなくても問題はありません。

即日融資を受けようと思った時には、平日の14時30分までに申し込みから借り入れ申し込みまでをすませておく必要があります。

審査の状況は、数日かかる場合もありますから、かならず即日融資が受けられるとは限りませんから、注意が必要です。

審査に通った後に借り入れする方法としては、銀行振込かATMから借り入れするかの2つの方法があります。

カードは郵送で後日送られてきますから、その日のうちにどうしてもお金を借りたいという場合には、銀行振込となります。

ネットのキャッシングであれば、24時間365日いつでも利用することができますし、電話から即日振り込みも可能ですから、便利に利用することができます。

楽天銀行カードローンだけに限らず、申し込みを行うと、どの金融機関でも在籍確認があります。この在籍確認が終わらないと、借り入れが翌営業日以降となってしまいますから、即日融資を希望している場合には、注意しましょう。

銀行カードローンの利用条件について

銀行カードローンは消費者金融に比べて低金利でお金を借りる事が出来るので利用したいと考えている人も多いです。しかし銀行カードローンは利用条件があるので該当していないとお金を借りる事が出来ません。そこで銀行カードローンの利用条件を確認していきましょう。

・年齢は20歳以上からで上限年齢は銀行によって異なる

銀行カードローンは年齢が20歳以上になっているのが利用条件となっています。それにより19歳以下の人は利用条件に該当していないのでお金を借りる事は出来ません。また銀行カードローンは利用条件の中に上限年齢もあって銀行によって異なります。基本的に65歳以下になっている銀行が多いですが、60歳以下になっている銀行もあるので申し込みをする前にしっかり確認しておく必要があります。

・安定していて継続的な収入を得ている

銀行カードローンの利用条件に安定していて継続的な収入を得ているという項目があります。安定していて継続的な収入とは月に1回以上の収入を得ている事が目安となります。該当していれば返済能力があると判断されて審査が可決されるのでお金を借りる事が出来ます。しかし他社からの借り入れがあったり金融事故を起こした経験があると安定していて継続的な収入を得ていても審査に落ちてしまうので注意が必要です。

アルバイトでもOKのキャッシング

急にお金が必要になったとき、キャッシングは大変便利です。
ただ、アルバイトや派遣社員だと、キャッシングの審査に通らないのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、アルバイトでもしっかりと働いて収入と、返済の見込みがあれば審査に申し込むことは可能です。
よく、インターネットなどでは、アルバイトの勤続年数が1年以上ないと審査に通らないといった情報が見かけられますが、勤続年数について明記しているところはほとんどありませんし、アルバイトを始めたばかりであっても、きちんと在籍確認がとれれば、審査を通貨することは可能です。

在籍確認は、キャッシング業者から勤務する職場に電話をかけ、本当に本人がそこで働いているかを確認する手続きのことで、審査の基本となります。
この在籍確認をしてもらうことで、職場で一定の収入を得ていることが証明されますから、審査に通る確率が高くなります。

アルバイトを始めたばかりの人は、できるだけ利息が低いところを選ぶようにするとよいでしょう。
一定期間無利息でお金を借りることができるサービスがある消費者金融であれば、生活に負担をかけることなく、必要なお金だけを借りることができるのでおすすめです。

大手消費者金融のキャッシングの限度額

大手消費者金融のキャッシングでは、利用限度額は最大500~800万円となっています。いきなり数百万円のキャッシングを申し込む人は滅多にいないとは思いますが、誰もがこんなに借りられるわけではありません。キャッシングの利用限度額は、審査によって、1人1人異なった限度額が設定されます。

まず、大前提として、消費者金融のキャッシングでは貸金業法の総量規制が適用されるため、年収の3分の1までしか借りられないと決まっています。年収が300万円の人は、最大でも100万円しか借りることができません。

年収の他に、雇用形態や勤続年数、持ち家に住んでいるか賃貸か、居住年数、家族など、様々な条件も考慮されるため、限度額が3分の1以下に設定されることも少なくありません。一般的に、正社員で勤続年数が高く、他社からの借り入れがないという人は限度額が高く設定されるようです。

審査には通ったけれど、設定された借入限度額が希望より低かった、という場合もあります。

反対に、希望限度額を低めにして申し込むことで、審査に通りやすくなるということもあるようです。借り入れ後に、遅延もなくきちんと返済し、実績を作ることで、借入限度額が増額されることもあります。大手消費者金融では50万円以上の借り入れを申し込むと収入証明書が必要となり、手間もかかることが多いので、最初は低めに申し込んでおくというのも一つの方法です。

内緒のキャッシングがもたらすリスクとは?契約者以外に返済義務が発生することも!

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む際、家族にバレることを気にする方が多いと思います。そのため、インターネット上でWEB完結で契約が出来るものや無人契約機を利用することが家族バレのリスクを軽減します。また、ローンカードが簡易書留ではなく、本人限定受取郵便であることも大きな条件となります。

さて、家族に借り入れをバレないように借り入れしていた場合、万が一の際、配偶者に返済の請求が行われるケースがあります。基本的には、契約者以外に対する返済要求は出来ないものの例外があります。

特に専業主婦のキャッシング契約の場合、内緒にしていたことで配偶者に影響が出るものとして、生活費や医療費といったものに利用していた場合です。この場合、『日常家事債務』となり、配偶者も返済をする必要性があります。知らなかったといって、返済義務を逃れることは出来ないものとなります。

連帯保証人ではないのに、何故返済する必要があるのかと考えてしまいますが、生活費の場合、自分自身も借り入れで生活をしているということを認識する必要があります。
銀行カードローンの場合、専業主婦も融資対象としているものが多いため、内緒で借り入れを行われないよう家庭内で生活費に関する話し合いが出来る環境を作ることが重要になります。

結果として、専業主婦の場合、返済能力だけでなく、実質的な連帯保証人になってしまうというリスクがあるため、注意が必要です。

私がキャッシングを利用したのは?

私がキャッシングを利用したのは主人が経営していた商売の資金繰りであと少し足らなかった時でした。
返済を続けながらいましたが、再び資金繰りがうまくいかなくなりました。

ほんの少額ですが、スタッフの給料日に資金が足りなくなります。ほんの数日後には入金があります。
まさかスタッフに給料を待ってほしいと言えるわけもなく悩んでいました。

私のその時のキャッシング限度額では足りず、どうしようか悩んでいた時に、断られてもいいので「増額できませんか」一度聞いてみようと思いました。
簡単な審査の結果増額が可能になり本当に助かりました。

おかげさまで資金繰りも何とかなりスタッフにも要らぬ心配をかけることなく無事に過ぎていきました。
無事に返済も済ませることが出来ました。

銀行で普通に借り入れしようと思うとどうしても時間がかかります。揃える書類も必要になります。
何より恥ずかしいです。その点、キャッシングは何に使うか聞かれないし申し込んだ時間によっては、本日中に遅くても翌日午前中には入金されます。

本当に庶民の味方です。今では返済し終わり安心の中で暮らしています。
正直、借り入れ利息は高いです。ですが、返済のめどが直近にあれば利息も安心安く済みます。

生活に困りカードローンを利用してみたところ…

私は母子家庭であった事、学歴のせいで就職ができずフリーターとして働いていた為に収入もそんなに多くなく、生活が大変だったので生活費として借り入れをする事となりました。
母と2人でフルタイムで働いていましたが、正社員ほど収入が多いわけでなく貯蓄も難しく、生活が苦しいところもたくさんあったのでカードローンでの借り入れを検討しました。

貯蓄もなく、急な入り用の時は大変助かりました。
カードローン専用のカードもすぐに発行していただけて、申し込み当日から借り入れをする事ができたので良かったです。

最初から限度額も結構高めに設定されていたので、ある程度大きな金額を借り入れすることも可能でした。
申し込み時にすぐに大きな金額が必要だったので助かりました。

ただもちろん借り入れた場合、返済するのが当たり前なので毎月毎月の返済が始まります。
現在、事情があり仕事を退職してしまったので毎月の返済にてんてこ舞いしています。
もちろん何とか返済はしていますが…。

すぐに申し込みができて、すぐに借り入れができるので大変便利ではあります。
ただ、キャッシング・カードローンも一種の『借金』です。

借り入れた場合、必ず返済がある事を忘れずに計画的に利用してください。